第4話 生まれる感情

原っぱでの二人きりの時間を過ごした後…―。

ハルの城に着くと私は、大勢の使用人さん達に迎え入れてもらった。

そして…―。

案内された部屋には、華やかなビジューがついたドレスが用意されていた。

○○「素敵なドレス……」

メイド「それは、ハルディーン様からのプレゼントです」

○○「ハ、ハルから!?」

突然のプレゼントに、嬉しさと同時に戸惑いが込み上げる。

そんな私を見て、メイドさんがにっこりと微笑んだ。

メイド「ハルディーン様が、○○様に、着替えてらっしゃるようにとのことです。 絶対に似合うだろうと、楽しみにされていました」

(ハル……)

私はメイドさんに背中を押され、ドレスに着替えることにした。

……

ドレスを着て部屋の扉を開けると、ハルが待ち構えていたように立っていた。

私の姿を見て、ハルは満足そうに微笑んだ。

ハルディーン「やっぱりそのドレス、すごく似合ってるぞ! 気に入ってくれたか?」

○○「うん、とっても豪華だし、それに素敵なデザインで……ありがとう」

ハルディーン「いや、これは礼だ。オマエは、本当にかわいいし綺麗だし、最高だな」

○○「ハ、ハル……」

ハルの指先が、さっき草原でそうしたように、やんわりと頬を撫でる。

○○「ありがとうハル。すごく嬉しい」

ハルディーン「だいぶ素直になったな。偉いぞ」

次の瞬間…―。

○○「……!?」

ふわりとかぐわしい紅茶の香りと共に、彼の顔が近づいたかと思うと……

頬に、柔らかな唇が触れた。

○○「……っ!」

ハルディーン「本当は唇にしたかったけどな。 さ、来い。シュガー」

ハルが私に向かって手を差し出す。

少しためらったけど、そっとその手を取った。

そして庭先まで来た時…―。

女友達1「あ、ハルディーン様! 捜しましたわ!」

女友達2「ハルディーン様!」

数名の、綺麗な女性達が駆け寄ってきた。

ハルディーン「あ、皆。ちょうどいいところに。こいつはシュガー、オレの命の恩人だ。 シュガー、こいつらはオレの友達」

○○「は、はじめまして。○○です」

女友達3「ふうん……この子がね」

女の子達の目線は、明らかに冷ややかなものだった。

(気分を、悪くさせちゃったかな……?)

女の子達は、ハルと私とを交互に見比べるように視線を動かしている。

○○「す、すみません。私……失礼します」

その視線に耐え切れず、お辞儀をしてその場を立ち去ろうとすると、ハルが追いかけてきた。

ハルディーン「何だよ、シュガー。急に、どうしたんだ?」

○○「私は、大丈夫」

ハルディーン「何でだ? 皆一緒が嫌なのか?」

○○「そうじゃないけど……私がいない方が、皆も楽しめると思うし」

(私……何言ってるんだろう)

ハルディーン「もしかして……オレが他の女といるのが嫌なのか?」

○○「ち、違うよ!」

ハルディーン「そんなに恥ずかしがることない。こっちへ来い」

○○「恥ずかしくなんて……ない」

ハルディーン「あ、シュガー……!」

消え入りそうな声で反論して、私はその場を逃げるように立ち去った。

(私、どうしたんだろう。せっかくハルが誘ってくれてるのに)

(でも……)

さっきハルと二人で話していた時の楽しさが思い返される。

自分でも理由のわからない微かな痛みに、私はぎゅっと胸元を押さえた…―。

<<第3話||第5話>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする