太陽最終話 手作りチョコで愛を

クレト君がチョコレート教室を開こうと決意した、その翌日…-。

愛の日当日ということもあり、街は朝からたくさんの人達で賑わっている。

クレト「今から、簡単で超おいしいチョコレートを教える……教えますっ!」

甘い香りに包まれた広場で、クレト君はチョコレート教室を開いた。

広場の中央にできた人だかりから、クレト君の明るい声が響いてくる。

(クレト君、寝ずにレシピを考えていたのに……)

クレト君の瞳は、いつにも増してキラキラと輝いていた。

(クレト君も皆も、すごく楽しそう!)

クレト君を囲む生徒達を見渡すと、昨日の男の子の姿を見つけた。

男の子は真剣な顔でクレト君の話に耳を傾けている。

クレト「見て楽しい、食べておいしい、気持ちの詰まったチョコレートを作ろう!」

生徒達「はいっ!」

クレト君の言葉に、集まった生徒達は元気に返事した。

クレト「まずは、ガナッシュ作りから始めます」

男の子「クレト王子、ガナッシュって何ですか?」

男の子が手を上げて、クレト君に質問を求めた。

クレト「ガナッシュは、生クリームとチョコレートを合わせて作る手作りチョコレートの基本クリームなんだ。 丸めてトリュフを作ったり、コーティングに使ったりもできる」

手際よくチョコレートを刻みながら、クレト君が生徒達に笑顔を向ける。

生徒達も、クレト君にならってチョコレートを刻み出す。

クレト「かき混ぜる時は、優しく。気持ちがチョコレートに伝わるからね!」

生徒1「クレト王子、このような感じでよろしいでしょうか?」

クレト「うん、ちゃんとクリーム状になってるね。いい感じだ!」

生徒2「クレト王子、私もお聞きしたいのですが……」

クレト「どれどれ? 皆、わからないことがあったらどんどん聞いてー!」

クレト君は、生徒ひとりひとりに丁寧に教える。

(クレト君、教え方が上手……それに、やっぱりすごく楽しそう)

(チョコレートが大好きなんだ)

クレト「基本ができたら、あとはリキュールで味つけして、好きな形に作っていこう」

頼もしい彼の姿に、私は目を奪われてしまっていた。

クレト「〇〇、大丈夫?」

ぼんやりとしていた私を心配したのか、クレト君が顔を覗き込んできた。

〇〇「あっ、う、うん……大丈夫!」

私は、慌てて手元にあるボウルに視線を落とす。

クレト「そっか、あとちょっとだ! ……あ、ちょっとです! がんばろう」

〇〇「うん……ありがとう」

(頬が熱い……)

甘い香りに包まれながら、私達は愛を伝えたい相手のことを思い浮かべる。

(私は…-)

皆それぞれ優しい表情を浮かべながら、チョコレート作りに励んでいた…-。

……

そして、チョコレート教室も大盛況のまま終わりをむかえ…-。

クレト「あー! 終わったー!」

広場のベンチに座っていたクレト君が、安堵のため息を漏らす。

〇〇「お疲れ様。皆喜んでくれてよかったね」

クレト「ああ! 〇〇のおかげだよ! 〇〇の男の子へのアドバイスで掴めたんだ」

そう言って、クレト君は思いきり伸びをしてみせた。

(今なら……渡せるかな?)

〇〇「クレト君、これ……」

私は、手作りチョコレートをクレト君に差し出した。

クレト「え! これ……俺に?」

クレト君は、目を丸くして驚いている。

〇〇「う、うん……教わった通りおいしくできているといいんだけど……」

クレト「〇〇……」

いっぱいに開かれたアーモンド形の瞳に映し出され、私の胸の高鳴りも大きくなって…-。

クレト「やばい……マジで? 嬉しくて、今日の疲れが全部吹っ飛びそう……!」

クレト君は、差し出したチョコレートを大切そうに受け取った後…-。

クレト「あの、さ、一つお願いしてもいい……ですか?」

頬を少し赤く染めながら、私に遠慮がちに訪ねてくる。

〇〇「お願い? ……どうしたの?」

クレト「その……食べさせてくれたら俺もっと元気になるかも」

〇〇「えっ……!」

クレト「……」

上目遣いに、じっと彼に見つめられる。

(そんな目で見つめられたら……)

(ちょっと恥ずかしいけど、でも……)

〇〇「……どうぞ、クレト君」

自分が作ったチョコレートを一つ掴み、クレト君の口元へと運ぶ。

クレト「ん……」

ためらいがちな私の腕を引き寄せ、クレト君がチョコレートを味わう。

彼の唇が微かに触れた指先が、ひどく熱くなった。

〇〇「どうかな……?」

クレト「うん。やっぱり手作りって気持ちがこもっててあったかい。それに……おいしい」

〇〇「クレト君に褒められるなら、自信持っても大丈夫だね。 それに、今日のクレト君、一生懸命でかっこよかったよ」

甘いチョコレートの魔法なのか……

胸に浮かぶ思いが素直に言葉になってこぼれていく。

クレト「……! そんなこと言われたらやばいっていうか……勘違いしちゃいます」

クレト君は耳まで赤くして、うつむいてしまった。

〇〇「……勘違いじゃないよ」

クレト「本当に……?」

再び顔を上げたクレト君と、視線がぶつかり合う。

そのまま、お互いの顔が近づいて…-。

(甘い香りがする……)

たくさんの恋人達の愛が伝わり合う、愛の日のショコルーナ……

チョコレートに込められた想いが溶け出す街の中で、私は幸せに酔いしれていた…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>