太陽最終話 事件解決!

穏やかな夕暮れの街並みに、鈍い銃声が響き渡る…-。

猫「……!」

銃声に驚いたのか、猫が屋根から足を滑らせて……

(危ない!)

リド「……っ!」

リドが急いで飛び出し、なんとか猫を抱きとめた。

〇〇「あっ、リド……!」

けれどそのまま勢い余って、リドは横にあった積み荷へ突っ込んでいく。

リド「うわあ……っ!」

〇〇「リド、大丈夫!?」

慌てて駆け寄ると、リドが猫を抱きしめながら自嘲気味に笑う。

リド「いてて。は……はは……やっと、捕まえたぜ」

リドの腕の中で、猫はじたばたと暴れていた。

(よかった……)

ほっと安堵の息を吐いた、その時…-。

貿易商の男性「その猫を渡せ」

貿易商の男性が私達に近づいて来た。

リド「まさかと思ったけど……やっぱ、そうだったんだな」

不敵な笑みを浮かべるリドに、貿易商の男性は眉をひそめる。

リド「確かめさせてもらうぜ」

そう言ってリドは、猫の首についている赤いリボンに触れた。

(あ……そうだ!)

そこで私は初めて、猫に抱いていた違和感の正体に気づく。

(この子に初めて会った時は、赤いリボンをつけてなかったんだ)

そして……リドがリボンを裏返すと雫のように小さな宝石が姿を見せた。

〇〇「これって……!!」

リド「城から盗まれた宝石だ」

貿易商の男性「……っ」

貿易商の男性は、リドを睨みつけながら悔しそうに口を歪めた。

リド「あんた、城から出られなかったもんな。 まさかこいつに運ばせるなんてな。リボンに細工までして、ご苦労なこった」

〇〇「ど、どうしてわかったの!?」

リド「いや。城で会った時、こいつの手にすげえ引っ掻かれたような傷跡が見えたんだよ。 城と街を猫が行き来してるっていうのと合わせてピンときたんだ。猫なら警備も関係ねえし。 しかし……リボンつける時暴れられたんだろ? わかるぜー? オレも痛かったからな」

貿易商の男性は悔しそうに顔を強張らせると、その場から逃げるように駆け出そうとする。

けれど…-。

従者「リド様!」

リド「お。来てくれたか! あいつらだ」

リドに呼ばれていた従者さん達によって、貿易商の男性達はすぐさま捕らえられた。

(よかった……)

リドが安心したように、ふっとため息を吐く。

〇〇「リド……」

怪我をしていないか心配で、彼の顔をうかがうと…-。

リド「一件落着ってとこかなー……あ、いてて! こら、引っ掻くな!」

リドの腕の中で、猫はなお暴れていた。

〇〇「駄目だよ。リドが助けてくれたんだから、ちゃんとお礼言わないと」

猫「な~……」

なだめるように猫の頭を撫でると、野太い声を上げてようやくおとなしくなる。

リド「ハハッ……すっかりおとなしくなった。あんた、やっぱりすげーな。 それに比べてオレは……」

積み荷に突っ込んで汚れた服を見ながら、リドはため息を吐く。

リド「猫一匹に振り回されるし、助けるにもドジるし……。 やっぱオレ、探偵は向いてねえのかもな」

猫を優しく撫でながら、リドが困ったように笑う。

彼の人柄を表すように、その笑顔は綺麗で、屈託がなくて……

〇〇「……そんなことないよ」

トクトクと鳴る鼓動を感じながら、私も彼に笑いかけた。

リド「だってさ、こんなカッコ悪い探偵なんていねえだろ」

〇〇「……ううん」

探偵として皆のために奔走する、彼の姿を思い出す。

〇〇「リドは、誰よりも優しくて頼れる探偵だよ」

リド「……っ」

気持ちを素直に伝えると、リドが驚いたように目を見開いた。

リド「……あんたにそう言ってもらえると、勇気出るよ」

〇〇「でも本当に大丈夫? こんなに怪我して……」

頬に触れると、リドが痛そうに顔を歪める。

リド「あ、いてっ!」

〇〇「ごめん……! どうしよう、救急セットも持ってきてないし……」

リド「ならさ、あんたが治してくれる?」

〇〇「え……?」

リド「キスしてくれたら……痛みが飛んでく……かも?」

リドは照れたように視線を彷徨わせている。

その仕草がひどく愛おしくて……

〇〇「うん……わかった」

私は唇をそっと彼の頬に近づけた。

けれど……

猫「な~」

ふと、腕の中で抱かれていた猫がリドの頬を舐めた。

リド「お前っ……!」

(こんなタイミングで……)

なんだかおかしくなって、私は思わず笑ってしまう。

リド「……」

けれどリドは真剣な眼差しで私を見つめていた。

(リド……?)

声をかける前に……彼の力強い腕が私の腰を抱き寄せ、唇に柔らかなキスを落とした。

〇〇「リ、リド……!?」

目と目が合うと、リドが悪戯っぽい顔で微笑む。

リド「事件解決の報酬ぐらい、もらったっていいよな?」

夕陽が彼の澄んだ瞳を美しく輝かせる。

事件の幕は閉じたのに……私の胸の高鳴りは、まだ収まりそうにもなかったのだった…-。

<<太陽7話