第4話 おばけカボチャハウス

――――――

ネペンテス『せっかくの収穫祭です。それに、これだけ多くのカボチャが街にあることですし。あなた様がそこまで言うのなら、作ってみましょう。 ですが! あなた様には必ず召し上がって頂きますよ。 やるからには、最高のおばけカボチャ料理を作って差し上げましょう』

―――――

おばけカボチャ料理の為に、私達は何軒もの農家を訪れて、巨大カボチャを入手した。

ネペンテス「ではこれをウィル王子に頼んで、街の広場へ設置してもらいましょう」

異常なほど大きなカボチャを前に、ネペンテスさんは満足そうに微笑んでいた。

……

街の中央の広場へ設置したおばけカボチャは、かなりの存在感を漂わせている。

ネペンテス「完成形は、食べられるおばけカボチャハウスです」

○○「カボチャハウスですか……すごいですね」

ネペンテス「ここに、他の材料もたくさん用意いたしましたから……」

ネペンテスさんは、いつの間に手配していたのか、山ほどの食材を、巨大なカボチャの前に広げてみせた。

(思った以上に、張り切っているみたい)

○○「ネペンテスさん、私も何かお手伝いできますか?」

ネペンテス「もちろんです。あなた様の美味なスパイスをぜひ振りかけていただかなければ」

○○「えっと……」

(私のスパイス……? 何のことだろう)

それから私達は、一日中おばけカボチャ作りに精を出した。

しかし……

○○「ネペンテスさん、この粉の練り方はどんなふうに……」

ネペンテス「祈り、念じるのです。 美しく、そして美味しい食事には、その精神が宿ってこそ!」

○○「……」

作り方を聞けば、ネペンテスさんは大体不思議な返しをしてくる。

(細かいことは、何となくでいいかな)

かと思えば……

ネペンテス「ああ、駄目ですよ。そのような混ぜ方では……」

○○「……!」

突然、私を後ろから抱き込むようにして、実際に手を握り手ほどきを始める。

(そ、そんな急にされたら……)

ネペンテス「おかしいですね……。 不意に、あなた様の香りが濃くなりました。体温が上がったのでしょうか?」

ネペンテスさんの言葉に、頬が熱くなる。

こうして、おばけカボチャのかぼちゃハウスは、次第にその異様な姿を見せ始めていったのだった…-。

<<第3話||太陽覚醒へ>>||月覚醒へ>>