太陽最終話 前代未聞の撮影会!?

猫又が発する近寄りがたい雰囲気に、私は動けなくなる…-。

ユーリ「ん? 何してんだよ、遊んでんのか?」

〇〇「この下でスマホを見つけたんだけど……ちょっと問題が」

ユーリ「あ? ハッキリ言え。意味わかんねえ」

ユリオ君がベンチの下を覗き込むと、猫又が牙を剥いて彼を威嚇した。

ユーリ「……この猫。さっき俺のスマホぶっとばした奴じゃねえか」

〇〇「写真撮ろうとしたの、怒ってるのかな?」

二人で顔を見合わせ、どうしたものかと首をひねる。

すると…-。

泥1「……」

リーダーらしき泥が他の泥達に指示を出すような身振りをした。

〇〇「?」

泥達はいっせいに散った後、どこからか猫じゃらしのような草や手鞠、干した魚を持って帰って来た。

それぞれが猫又の気を逸らそうと、懸命に取り組んでいる。

ユーリ「すげえ警戒してんのに、そんな簡単に引っかかるわけ…-」

けれど予想を裏切るように、猫又は興味を引かれたようで……

ぱっと立ち上がり、猫じゃらしに飛びかかった。

その隙に素早く別の泥が、ユリオ君のスマホを拾い上げる。

ユーリ「おお! ナイス連係プレー」

手渡されたスマホを嬉しそうに受け取るユリオ君に、数名の泥が近づく。

泥1「ユーラチカ、チャンス……」

泥2「猫……」

泥3「写真……」

ぱっとユリオ君の顔が明るくなる。

ユーリ「SNSにアップはできねえが、記念にバッチリ撮影してやる」

〇〇「……難しいんじゃないかな」

けれど泥達におびき寄せられた猫又は、立派な二本の尻尾を揺らしながら表に出て来た。

そして、ひょいと橋の欄干に飛び乗って……

ユーリ「クソヤバい。 尻尾が二つに分かれてるとか、すげえいいよな」

その言葉に、猫又は目を丸くしてユリオ君を見た。

ユーリ「お前みたいなイカした猫、見たことねえよ」

彼の無邪気な笑顔に、私の心は射抜かれてしまう。

スマホを傾け、猫又と写真を自撮りする姿から目が離せなくなる。

(……でも、猫又が嫌がらずに応じてるなんて不思議)

普段は人の姿になっている猫又は、猫の姿を晒すことを恥だと思っているらしい。

(ユリオ君には平気みたいだけど)

(それって、褒めてもらったからなのかな)

猫又の真意はわからないけれど、平和で穏やかな時間が流れている。

(楽しそうだな、ユリオ君)

ユリオ君の明るい笑顔に魅了されているのは、私だけではなかった。

(泥達も嬉しそう)

少し離れた場所でユリオ君を見守る泥達も、笑っているように見える。

(あの子達……写真に写り込まないようにしてるのかな)

さっきの統率の取れた動きを思い出しながら、私はほうとため息を吐く。

(……ファンってすごいな)

やがて満足のいく写真が撮れたのか、ユリオ君は静かにスマホを下ろす。

ユーリ「帰ったらじいちゃんに見せてやろう。すげえ驚くぞ」

猫又は小さく鳴いて街路樹に飛び移ると、そのままどこかへ消えてしまった。

ユーリ「皆、ありがとな」

その言葉に泥達は歓声を上げて、いっせいに拍手をする。

ユーリ「だから手を叩くな! 泥が飛ぶ!」

そう言いつつも笑う彼を見ていたら、私の頬も緩んでいた。

ユーリ「ああ、お前もな。〇〇」

不意に向けられた青い瞳に、私の心臓が跳ねる。

(笑顔……かわいいな)

ファンの子達の気持ちがわかるような気がして、私は泥の皆を改めて見つめた。

ユーリ「よし、あとは理想郷の湯を見つけるだけ…-」

泥1「ユーラチカ……」

意気込む彼の言葉を遮るように、泥がスケッチブックのような紙を見せた。

そこには『理想郷の湯はここにはないようです』と泥で文字が記されてある。

ユーリ「は? ない? じゃ、どうやって戻ればいいんだよ」

泥が次の紙をめくると、『我らユーリエンジェルスにお任せあれ』とある。

(ユーリエンジェルス……)

続けて泥が次をめくると、『泥ネットワークを駆使して必ずしも帰る方法を探します』と記されていた。

ユーリ「泥ネットワークってなんだよ。ツッコミどころ多すぎ」

(確かに不思議なことはいっぱいあるけど……)

〇〇「ユリオ君のファンって、頼りがいがあるね」

ユーリ「ああ。まあ泥だけどな。いや、泥なのにマジすげえ」

〇〇「うん。さすがユリオ君のファンだね」

(それに、ユリオ君もファンの子達をすごく大切にしてるし)

選手とファン……お互いに支えになっているだろうと、私はそんなことを思う。

ユーリ「否定はしねえ。驚異の情報網。それがユーリエンジェルスだ」

(彼女達なら本当に戻る方法を見つけてきそう)

俊敏に消えていく泥ユーリエンジェルスの後ろ姿が、なんだかとても誇らしげに見えたのだった…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>