太陽SS 温かな時間

藍色の夜空にちりばめられた星々が、俺たちの頭上で輝いている…-。

冷たい風が吹いて、〇〇が手を温めるように指先をこすり合わせた。

(寒そうだな……俺が付き合わせてしまったから)

アルタイル「……少し待っていてくれないか? すぐに戻る」

彼女の返事も聞かないまま、俺はふと目に映った売店へと駆け出した。

道すがら、先ほど彼女に言った言葉が頭の中に浮かぶ。

(一緒に温泉に入ると言ってくれたが……)

(俺に気を使ってそう言ってはいないだろうか)

再会した時、彼女はどこか寂しそうに笑っていて……

俺はその理由を、もう少し後で知ることになった。

―――――

〇〇『ベガさんともゆっくり過ごせる機会ですし……』

―――――

(〇〇は、俺達のことを思ってくれていたんだ)

周囲を思いやり、自分より他人を優先してしまう。

そんな彼女に愛おしさが募る一方で……

(もし……俺に気遣って、本当の気持ちを言えないのだとしたら…―)

店員「ご注文をおうかがいします」

自分の順番が回ってきていたことに気づかず、店員に声をかけられてはっとする。

アルタイル「ああ、それじゃあ……このハチミツ入りの生姜紅茶を二つ頼む」

しばらくして、店員から湯気の立つコップを二つ受け取った俺は、不安な気持ちを抱えながら、彼女の元へと急いだ…-。

……

紅茶から立ち上る白い湯気が、静かな夜空に消えていく。

(冷えた体が少しでも温まるといいが……)

〇〇「……おいしい」

頬を緩めて嬉しそうに笑う彼女を見たら、寒さも不安な気持ちも吹き飛ぶような気がした。

それからしばらく話していると、『足湯』の話をする湯治客が目の前を通り過ぎていった。

(足湯……確か、足だけ浸ける温泉だったはずだ)

(あれなら、〇〇と気軽に入れるか)

ふと〇〇を見ると……

(ん……?)

頬を赤く染め、難しい顔をして何やら考え込んでいた。

その様子から……俺と一緒に温泉に入る、ということについて悩んでいることがわかってしまう。

(やはり俺は、〇〇に気を使わせてしまっているな)

アルタイル「〇〇」

密かに苦笑した後、俺は〇〇を驚かせないように柔らかく名前を呼んだ。

アルタイル「悩ませてすまない。その……俺は、お前と一緒ならなんの温泉でも構わないんだ」

申し訳なさと愛しさを持て余し、俺は彼女の頭を優しく撫でる。

アルタイル「俺達も行ってみるか」

そう言うと、彼女は頬を嬉しそうにほころばせて……

〇〇「……はい!」

明るいその声を聞いて、俺も自然と笑みがこぼれた。

〇〇が気負わず、心穏やかに過ごせるように……

それが、今の俺が望むことだった…-。

……

足湯に浸かると、その温かさが心をも解してくれる。

だからなのか、気づけば俺は〇〇へ心の内をさらけ出していた。

アルタイル「俺ももっと王子として頑張らないとな」

思いのたけを伝えきった、その時…-。

(ん……?)

沈黙に包まれ、俺はハッと我に返った。

(ああ……!)

つい、彼女の前で仕事の話をしてしまったことに気づく。

アルタイル「……! すまない。今日はゆっくり休むと言っていたのに、こんな話を
……」

慌てて謝る俺に、彼女はすべてを受け入れるように優しく微笑みかけてくれた。

〇〇「いえ。どんな時も国のことを大切にしているアルタイルさんが、私は好きですから」

アルタイル「〇〇……」

(……敵わないな)

彼女への愛しさが、一気に込み上げてきて…-。

俺は衝動のままに、〇〇の頭を抱き寄せた。

アルタイル「……ありがとう。 そう言ってくれるお前のこと、俺も好きだ」

隠すことなどできない想いを、俺は〇〇にまっすぐにぶつける。

彼女と今日一日、いろんなものを見て回った。

(俺が楽しめるようにと……だが、俺は…-)

アルタイル「でも、この後の時間はお前のことだけを考える時間にするよ」

〇〇「!」

(お前といられることが、一番楽しいんだ)

アルタイル「……俺に、お前の時間をくれないか?」

〇〇「アルタイルさん……」

こんなにも俺を満たしてくれる〇〇という存在を、不思議にすら思う。

アルタイル「小さいな、お前の体は」

(力を入れたら壊れてしまいそうなのに……)

アルタイル「でも……俺にとって、お前の存在はすごく大きい。 いつの間にか、そうなっていた」

〇〇が傍にいてくれると、楽しいだけではない。

アルタイル「お前といると穏やかな気持ちになれる。もっとお前と一緒にいたいと思う。 お前と過ごすひとときが、大切で仕方ないんだ」

〇〇「はい。私も……。 私にとっても、アルタイルさんと一緒にいられる時間が一番、心が安らいで……大切です。 アルタイルさんの人を大切にする気持ちや優しさに、私は支えられているんだと思います」

(……!)

俺を見上げる瞳は、煌めく星のように澄んでいた。

(優しい、か……)

湧き上がる彼女への想いを、果たしてそう呼べるのだろうかと疑問に思う。

(どれだけ一緒の時間を過ごしたとしてもきっと俺は満足できない)

(もっとずっと一緒にいたいと思ってしまう)

(お前を独占したいという気持ち……これは、優しさなんかじゃないよな)

だが、そんなことを伝えるわけにもいかず……

(お前には、本音で話してほしいと思っているのに……)

(なかなか、難しいものだな)

曖昧に笑う俺を見て、〇〇は不思議そうに首を傾げるのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>