太陽最終話 いたずらウサギの心

それから、しばらく…-。

チルコの街を、お菓子の甘い香りが包んでいる。

モルタ「さあ、それではパーティを始めましょう」

モルタさんの声と共に、子ども達の賑やかな声が上がった。

男の子「モルタさま! この卵あげる~!」

モルタ「ありがとう。 ……わっ!」

彼の手の中で卵が割れ、中から人形が飛び出す。

それはまるで、小さなびっくり箱のようで……

モルタ「ふふっ」

(あ……)

モルタさんが小さく笑みをこぼす。

それはいつもの笑みとは違い、少し無邪気さすら覚えるものだった。

(あんなふうに笑うこともあるんだ)

胸の鼓動が速くなるのを感じながらモルタさんを見つめていると、子ども達は、私にもいたずらをし始める。

女の子1「あははっ! お姫さま、ひっかかった~♪」

女の子2「ごめんね、お姫さま。おわびにこれ、あげる!」

私にいたずらをした女の子達が、エッグタルトを手渡してくれた。

〇〇「ありがとう」

頭を撫でると彼女達は嬉しそうに目を細め、やがて友達のところへ走っていく。

いたずらいっぱいのパーティは、その後もつつがなく進み、会場には笑顔が溢れていた。

その様子を微笑ましく思いながら眺めていると……

モルタ「少し、お話しをしませんか?」

いつの間にか傍へ来たモルタさんが、まるでエスコートをするように私の背に触れた。

ひときわ大きく跳ねる鼓動や頬の熱を感じながら、彼と会場の隅へ移動する。

(どうしてこんなに……ドキドキするんだろう)

〇〇「皆、楽しそうですね」

落ち着かない鼓動を誤魔化すように言うと、モルタさんがふわりと微笑んだ。

モルタ「ええ……そうですね。 こんなに楽しいと感じるのは、初めてかもしれません」

そう、穏やかに告げたかと思えば…―。

 

〇〇「っ……!」

彼の顔が間近に迫り、唇に柔らかな感触が訪れる。

〇〇「モ、モルタさん……!?」

(皆がいるのに……!)

モルタ「子ども達は、パーティに夢中で誰も気づきません。 それに、私の陰に隠れて、あなたの姿は見えないかと」

顔を寄せたまま、モルタさんがいたずらっぽく囁く。

伝わる吐息が私の鼓動を跳ね上げ、頬が瞬く間に熱を帯びた。

〇〇「あの……」

何を言っていいのかわからず、身じろぎをすると……

ふっと、モルタさんが笑みをこぼした。

モルタ「逃げようとしないでください。 あなたなら、わかってくれていると思います……」

〇〇「何を……ですか?」

モルタ「パーティは確かに楽しめていますが、それはすべて……。 あなたが私に、楽しんでほしいと言ってくれたから。 あなたの言葉だったから……私は今、今日のことだけを考えられる……」

モルタさんの瞳に光が宿り、私を見つめるそれは静かに細められる。

〇〇「じゃあ、パーティに戻って…-」

モルタ「それから」

〇〇「っ……!」

再びついばむような口づけが落とされ、言葉を遮られた。

モルタ「私は、いたずらウサギと一緒です」

〇〇「え……?」

モルタ「ウサギがおばあさんにそうしたように、私はあなたに甘えたい……。 ウサギは、寂しいからおばあさんにいたずらをしていたそうですよ」

(寂しい……)

モルタさんの手が、優しく私の髪を撫でる。

モルタ「本当はこのまま抱きしめて、たっぷりと甘えたい気分なのですが……。 どうしましょう。パーティを抜け出すと、あなたに怒られてしまいそうです。 パーティを楽しむ約束だったでしょう、と」

モルタさんの声は、いつもとは違いわずかに弾んでいた。

そのことが私の胸に大きな喜びをもたらしてくれる。

〇〇「私は……モルタさんが穏やかな気持ちで楽しめるなら、なんでも…-」

そう言った瞬間、再度唇を奪われる。

突然のキスに体を震わせる私を見て、モルタさんはくすりと笑った。

(モルタさん……)

体を寄せるモルタさんの背中に腕を回し、そっと抱きしめる。

すると彼は、甘えるように顔を擦り寄せて……

その無邪気な姿からは、この街を訪れた時に覚えたいびつさは感じられなかったのだった…-。

おわり。

<<太陽5話||月覚醒へ>>