太陽6話 事件、発生

そして、翌日…-。

私とサイさんは聞き込みのために、改めて宝石店を目指していた。

サイさんとは事前に入念に打ち合わせをして、質問などを考えてきている。

(今回は、慌てたりしないできちんと調査ができるはず)

そう思った時…-。

女性店員「きゃああああ!」

突然、宝石店から女性の悲鳴が響き渡った。

サイ「……いったい、何が?」

〇〇「どうしたんでしょう?」

ただならない気配を感じ、私とサイさんは店に向かって走り出す。

宝石店の入り口まであと少しになった、その時…-。

〇〇「……っ!」

私は、店から飛び出してきた男性とぶつかってしまった。

男性「……!!」

よろめいた私と、ぶつかってきた男性の鋭い目が合う。

男性「……っ!」

それからすぐに、男性は怯えるように声を漏らし、走り去ってしまった。

(あの人は……?)

サイ「大丈夫!?」

〇〇「はい、大丈夫です……それより、中へ!」

私達は騒然としている宝石店へと踏み込んだ…-。

<<第5話||太陽7話>>