太陽SS 食後の運動

それは、○○様とおばけカボチャから脱出した後…-。

○○「……」

ネペンテス「大丈夫ですか?」

○○様は、私が唇を舐め回した後から、どうも顔色が優れない様子だった。

○○「……大丈夫です、早くおばけカボチャを見つけましょう……」

それなのに、○○様は街の者に迷惑をかけてはいけないと、おばけカボチャを確認しようと、カボチャが去った森へと来ていた。

(何とも……不思議なお方です)

(放っておけば、精霊の力が消費され、ただのカボチャに戻ると言ったのに)

○○「あ……」

ネペンテス「おっと……」

ふらりと倒れそうになる○○様の身体を、支えようとすると……

○○「……っ! だ、大丈夫です!」

手を払いのけられ、距離を置かれてしまった。

(これは……明らかに避けられていますね)

(心当たりは、あるといえばありますが)

○○「うっ……」

口を押さえ、○○様はその場にしゃがみ込んでしまう。

ネペンテス「大丈夫……ではない様子ですが」

○○「カボチャを食べ過ぎました……それに。 さっき街で、ネペンテスさんに……その……舐められてから……」

(私の香りにあてられましたかね)

これ以上歩くことすらできそうにもない○○様を見て、私は頭を悩ませた。

その時…-。

ネペンテス「おや……」

視線の先に、さきほど走っていったおばけカボチャが転がっていた。

ネペンテス「○○様、おばけカボチャです。もっとも、今はただのカボチャですが」

○○「よかった……もう動かないんですね」

○○様が、安心したように息を吐く。

ネペンテス「だから、言いましたでしょう?」

(本当に、不思議なお方です)

(美食のためならまだしも……他人のために、こんなにも労力を使って)

自然と、私の手が○○様に伸びる。

○○「……っ!」

やはりびくっと体を震わせる○○様を、無理やり私は抱き上げた。

○○「ネ、ネペンテスさん……っ!」

ネペンテス「無理をしてはいけません」

○○様の髪から放たれる、かぐわしい香りが私の鼻を掠める。

(ああ……やはり至高の匂いです)

(ですが……)

ネペンテス「さきほどは、申し訳ありませんでした。 あなた様というデザートもいただいたことですし……食後の運動をさせてください」

○○様を抱え、私は街へと歩き出す。

○○「ネペンテスさん……甘い……匂いが……」

○○様は、うっとりとした様子で私の胸に顔を預けた。

(食べたい。食べてしまいたい。このまま……全部)

湧き上がる欲望を抑えながら、私はただ街を目指す。

○○「……」

いつの間にか○○様は、私の腕の中で眠ってしまったようだ。

(無防備な方です。さきほどまでは私を避けていたのに……)

(このままでは、他の誰かに先に食べられてしまうかもしれないじゃないですか)

ため息をひとつ吐いて、私は○○様の額に、印を刻むように口づける。

甘い、どこまでも甘い味が、私の舌を震わせた…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>