太陽5話 サプライズ

そして迎えた感謝祭当日…-。

アルフレッドさんは、何か考えている様子だったけれど……

(……確か、昨日はこの辺りで会ったよね?)

アルフレッド「この間のぼうやを、探しておいてくれないか」

昨日、男の子と出会った辺りで、アルフレッドさんとの打ち合わせ通り男の子を探す。

(でも、探してどうするんだろう?)

たくさんの人で賑わう街の中で、周りを見回していると……

男の子「あ、昨日のお姉ちゃんだ!」

探していた男の子が駆け寄ってきた。

(見つかってよかった……!)

〇〇「こんばんは、楽しんでる?」

男の子「うん!」

と、その時だった。

ばさりとマントのひるがえる大きな音に、弾かれるように男の子と二人で顔を上げた瞬間……

アルフレッド「美味しそうな血の匂いだ……」

〇〇「……っ!」

鋭い目を光らせ、牙を見せつけたアルフレッドさんが、私を背後から掻き抱いた…-。

<<第4話||太陽最終話>>