太陽最終話 背が伸びるまで待ってて

二人分のお菓子を積み上げてできた山を見て、ロルフ君がうっとりとした顔で、頬に両手を当てる。

ロルフ「……こんなにいっぱい……お野菜やお魚を食べなくても、これなら大丈夫です……」

お菓子の前にペタリと座り込んだロルフ君が私に振り返り、にっこりと笑う。

(良かった……女の子と間違えられて、元気がなかったみたいだったけど)

○○「あ、見て。 ロルフ君が好きなイチゴ味のチョコがあるよ」

ロルフ「食べたいです……」

ロルフ君が私のことを信じきった顔で、あーんと口を開ける。

(やっぱり、こういうのはドキドキしちゃうな……)

ロルフ君の隣に座った私は包みを解き、小さな口の中にチョコを落とした。

ロルフ「おいしい……しあわせです……」

○○「城下町に遊びに行ってよかったね」

ロルフ「はい……あ、でも……そういえば……ボク女の子に間違われたんでした……」

○○「ロ、ロルフ君、ほら、これもイチゴ味の…-」

慌てて気を逸らそうとしてみたけれど、ロルフ君は唇を噛みしめ、首を横に振った。

ロルフ「○○ちゃんにも、ボクは女の子に見えますか……」

○○「ううん、それはないけれど」

ロルフ「よかったです……」

ほんの少し、ロルフ君の強ばっていた表情が柔らかくなる。

ロルフ「……ボクは、お母さまのような優しい人になりたいです。 それにかわいいお洋服も好きです……。 だけど女の子になりたいわけじゃなくて……。 だって女の子じゃ……○○ちゃんを……に……できないから……」

○○「え……?」

(何が……できないって?)

首を傾げた私のことを、ロルフ君がじっと見つめてくる。

ロルフ「○○ちゃん、ボク少しだけ、背が伸びたんです……」

○○「うん、そうだね。城下町を歩いているとき気づいたよ」

ロルフ「いまはまだ○○ちゃんより、ボクのほうが小さいけれど……」

そう言いながら立ち上がったロルフ君が、本棚の前から踏み台を運んでくる。

○○「ロルフ君? どうしたの?」

ロルフ「○○ちゃん、こっちに来てください……」

手を引かれ、踏み台の前に移動する。

ロルフ君はそれを見届けてから、台の上にのぼった。

(あ……ロルフ君の目線のほうが高い……)

見慣れない角度で、至近距離から見下ろされ、心臓がトクンと跳ねた。

まるでロルフ君が突然、成長してしまったような錯覚を覚える。

ロルフ「ボク、○○ちゃんに好きになってもらえるよう、優しい人になるから……ボクの身長がこのぐらいになったら……ボクのお嫁さんになってください」

驚いて瞬きを繰り返す私の肩に両手をつくと、ロルフ君が身を屈めて…-。

 

思わず目を閉じると、柔らかい唇が私のおでこにそっと触れた。

ロルフ「ただ背が伸びるまで、ちょっと時間がかかっちゃうかもしれないです……。 ○○ちゃん、待っててくれますか……」

(ロルフ君……)

(ずっと可愛いって思ってたのに)

けれど確かに、私の頬はいま熱くなっている。

ロルフ「……お返事……聞かせてください……」

大きな瞳が不安そうに揺れながら、問いかけてくる。

その瞳の魔法にかけられたように、私は自然と頷き返したのだった…-。

おわり。

<<太陽7話||月覚醒へ>>