太陽最終話 確かなもの

窓から時折入る夜風が、私の頬をそっと撫でる…―。

シュテル「○○……。君は聞いてくれたね。僕の願いは何かと。 やっとわかったんだ。僕は、君の傍にいたい」

○○「……っ」

それはあまりに突然で、私は言葉を失ってしまう。

(私……何て返事すればいいの?)

頭の中で色々な思いが渦巻き、返事もできずにいると……

国王「お嬢さん」

○○「は、はい」

国王「息子を……シュテルを救ってくださり、心より御礼を申し上げる」

○○「いえ、そんな……!私はただ……彼の笑顔が見られなくなるのが怖くて……」

ーーーーー

シュテル「消えないように憶えておくから……いいんだ」

ーーーーー

(……それで……?)

○○「消えないように……ずっと、見ていたくて……」

ーーーーー

シュテル「……君が好きだと言った、花だ」

-----

○○「私……」

心の中で、何かが音を立てる。

まだそれを言葉にはできず、ただ彼がくれたネックレスを握った……

国王「シュテル」

シュテル「はい」

国王「私に異存のあるはずもない。あとはお前の問題だ」

そう言って、国王様は席を立つ。

国王「行きなさい」

シュテルさんは、国王様に静かに礼をすると、私に手を差し伸べた。

流れ星に乗ってしばらくすると、静かな夜空に二人きりになる。

星空の旅は相変わらず美しく、シュテルさんの瞳を見られない私は、星ばかりを見つめていた。

シュテル「○○」

名前を呼ばれ、驚いて小さく飛び上がる。

シュテル「……驚いた?」

○○「少し……」

クスリと笑った後、シュテルさんは私の胸元を抱き寄せて……

シュテル「……別に、返事が欲しいわけじゃないんだ。 僕はずっと、確かなものが欲しかった。 そして、見つけた……この気持ちを」

○○「シュテルさん……?」

シュテル「君が好きだ」

○○「……っ」

彼の声が耳元で響き、力強く抱きしめられる……

シュテル「もう決めたんだ。僕の命は、君と国の為に捧げるって。 今のこの星屑時計の……この力強い輝きのように、僕は、命ある限り君を想うよ」

そう言い終えると、彼は私の頬にそっとキスを落とす。

○○「……っ」

甘い痺れが体中に広がり、息が止まりそうになった。

シュテル「○○……」

シュテルさんが、この上なく愛おしげに私を見つめる。

幾千もの星々が、天上でキラキラと輝きを纏う夜…―。

その星を閉じ込めたような彼の瞳の中に、溶けてしまいたいと思った…―。

おわり。

<<太陽9話||太陽SS>>