太陽最終話 強く結ばれた心

そして迎えた、クライヴァーの親善試合当日…―。

観客が盛り上がりを見せる中、ついに試合が始まった。

カノエ「よし、一気に進むぞ!」

カノエさんの統率の下、私達のチームは相手チームの戦力を、どんどん削いでいく。

時間が経つにつれ、相手の駒は減っていって……戦況はこちらに有利なものとなっていった。

(これなら勝てるかも……)

その時、試合前に話し合った作戦を思い出す。

―――――

カノエ『あらかじめ異能力を発動させるタイミングを決めたら、予想外の事が起きた際に対応しにくい……。 なるほど、一理あるな』

チームメイト1『はい。カノエ王子の異能力は強力ですし、慎重になる気持ちもわかるんですが……。 俺達はまだ初心者ですし、いろいろ考えた結果、カノエ王子の判断に委ねるのがいいかと思って』

カノエ『……わかった。 判断は俺に任せてくれ。必ずお前らを勝利に導いてみせる』

―――――

(カノエさんは、どこで異能力を使うつもりなんだろう…―)

カノエ「○○!!」

〇〇「えっ?」

考えごとをしていた私の目の前に、いきなり死角から敵チームの騎士が現れる。

〇〇「……っ!!」

激しい攻撃を受けた私の剣に、小さなヒビが入った。

(どうしよう、次の攻撃で壊れちゃうかも……!)

その隙を見逃がさないとばかりに、敵が剣を振りかぶる。

その時だった。

カノエ「そうはさせない! 今、異能力を発動させる」

言うや否や、カノエさんの体が光り始める。

途端、大きな力がカノエさんに集まり、一気にエネルギーの渦となって敵の武器を破壊した。

(これが、皆の力を結集した力……!)

(でも、そのせいで皆の攻撃力が下がってしまう)

自分のためにタイミングを選べなかったかもしれないと思うと、冷や汗が出る。

〇〇「ごめんなさい、カノエさんに異能力を使わせてしまって……!」

頭を下げて謝りながら、悔しさに唇を噛んだ。

(……あの時、考え事なんかしなければ)

床を見つめたまま、顔を上げられずにいると……

カノエ「大丈夫だ。俺が使いどころだと判断したんだ」

〇〇「え?」

顔を上げ、きっぱりと言い切るカノエさんを見る。

カノエ「戦況を見てみろ、お前ならできる」

その言葉で辺りを見回すと、さっきの敵を倒したことで王への道が開けていた。

カノエ「王はもう目の前だ」

ニヤリと笑うカノエさんに自信をもらった私は……

〇〇「……!はい、いきます!」

私は自分に与えられた異能力を発動させると、王の元へと突き進んだ。

そして……

審判「勝者、カノエチーム!」

私達のチームの勝利が決まり、歓声が沸き起こる。

その声に押されるように、嬉しさが溢れた私は思わずカノエさんに抱きついた。

〇〇「やりました!カノエさん!」

カノエさんは一瞬驚きながらも、すぐに私を強く抱きしめ返してくれる。

〇〇「私達、勝ったんですね!」

カノエ「ああ……俺達の勝利だ。お前の機転と勇気のおかげだな。 ありがとう、○○」

〇〇「そんな……それは、カノエさんが守ってくれたからで……」

すると、カノエさんが気まずそうに視線を泳がせる。

カノエ「実は、お前が危ないと思ったら自然と体が動いていたんだ」

〇〇「そうだったんですか……?」

尋ねる私に、彼は気まずそうな顔をしたまま小さく頷いた。

カノエ「あれだけ作戦だとか偉そうなことを言っておいて……あいつらに謝らないとな。 だが、勝利できてよかった」

〇〇「……はい!」

カノエ「皆と信頼し合ったからこその結果だな。お前のことも、信じていた。 ありがとう。俺の傍で支えてくれて」

〇〇「そんな…―」

次の瞬間、カノエさんの声に熱がこもる。

カノエ「お前がいると、俺は強くなれるみたいだ。 だから、これからも……傍にいてほしい」

(それって……)

カノエ「改めて思い知ったよ」

私にもたらされたのは、まっすぐな言葉……

カノエ「お前のことが、好きだ」

口元近くで囁かれた後、カノエさんの腕に力がこもって、もう一度強く抱きしめられる。

(カノエさん……嬉しい……)

鼓動が伝わるくらいにぴったりと抱きしめ合い、勝利の余韻を噛みしめる。

二人の心が通じ合って、もっと強く結ばれたことに喜びを感じていると……

チームメイト2「やっぱり、俺らって邪魔なのかな?」

私達をからかう仲間の声が、聞こえてきたのだった…―。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>