太陽SS 変わっていく自分

ついに迎えたクライヴァーの親善試合当日、○○がやられそうになった姿を見た俺は…―。

(お前を守りたい、この手で)

迷うことなく異能力を発動させると、チームメイト達の力が集まり、体が燃えるように熱くなる。

その強大な力は、彼女に襲いかかろうとしていた敵の武器をあっという間に破壊した。

(……間に合ってよかった)

〇〇「ごめんなさい、カノエさんに異能力を使わせてしまって……!」

カノエ「大丈夫だ。俺が使いどころだと判断したんだ」

〇〇「え?」

下げていた頭をおずおずと上げる彼女を、まっすぐに見つめる。

カノエ「戦況を見てみろ、お前ならできす」

偶然にも、先ほどの敵を倒したことで王への道が開けていた。

カノエ「王はもう目の前だ」

〇〇「……!はい、いきます!」

状況を理解した○○の表情が、きりりと引きしまる。

(お前を守りたかった。そして、お前となら勝利を手に入れることができる)

異能力を発動させ、敵の王の元へと突き進む彼女の背中を見守る。

そして……

審判「勝者、カノエチーム!」

俺達のチームの勝利が決まり、大きな歓声が沸き起こった。

〇〇「やりました!カノエさん!」

突然、○○が俺に抱きつく。

(!?いきなり何を……)

(……まったく。大胆な奴だ)

とっさのことに驚きながらも、俺はしっかりとその華奢な体を抱きしめた。

〇〇「私達、勝ったんですね!」

カノエ「ああ……俺達の勝利だ。お前の機転と勇気のおかげだな。 ありがとう、○○」

〇〇「そんな……それは、カノエさんが守ってくれたからで……」

(……そうだったらよかったんだがな)

カノエ「実は、お前が危ないと思ったら自然と体が動いていたんだ」

少し気まずさを覚えながらも、俺は正直に白状する。

〇〇「そうだったんですか……?」

カノエ「あれだけ作戦だとか偉そうなことを言っておいて……あいつらに謝らないとな。 だが、勝利できてよかった」

〇〇「……はい!」

(この笑顔を見たいがために動いてしまうなど……以前の俺からは考えられないことだ)

(それに、仲間達とのことも……)

その瞬間、俺を信じ支えになってくれた仲間達のことが頭をよぎった。

カノエ「皆と信頼し合ったからこその結果だな。お前のことも、信じていた。 ありがとう。俺の傍で支えてくれて」

〇〇「そんな…―」

カノエ「お前がいると、俺は強くなれるみたいだ。 だから、これからも……傍にいてほしい」

謙遜する彼女の言葉を遮るように、溢れんばかりの想いを伝える。

それは、とどまることを知らず……

カノエ「改めて思い知ったよ。 お前のことが、好きだ」

最も伝えたかった言葉を口にした後、俺は再び○○の体をきつく抱きしめた。

だが、その時……

チームメイト2「やっぱり、俺らって邪魔なのかな?」

(何……?)

ふと、俺達をからかう仲間の声が聞こえ……ハッと我に返って顔を上げる。

(しまった!ここは、まだ会場だったな)

すっかり二人きりの世界でのぼせ上がっていたことへの恥ずかしさが込み上げ、ばつの悪い思いをしながら○○を見下ろす。

〇〇「え、えっと……」

カノエ「……行くぞ。お前達も早く整列しろ」

俺は○○の手を引いて歩き出し、試合終了後の挨拶をすべく整列する。

チームメイト1「ハハッ!あのカノエ王子が片時も離そうとしないなんて」

チームメイト2「こりゃ、後で祝杯を上げねえとな」

チームメイト3「ああ!勝利の祝杯を一緒に、ぱーっとな!」

カノエ「お前ら……」

気づけば、観客席や敵チームからも俺達を冷やかすような声が上がっている。

そのことに、居心地の悪さを感じながらも……

(……まあ、たまにはいいか)

(お前の嬉しそうな笑顔が見られるのなら)

隣で嬉しそうに口元をほころばせる彼女を見て、俺は柄にもないことを思うのだった…―。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>