太陽7話 仲間達との作戦会議

―――――

カノエ『……俺が判断を間違えれば、チームが一気に形成不利になって迷惑をかけてしまう』

―――――

苦しげに顔を歪め、カノエさんが悔いるように言葉を継ぐ。

カノエ「悪い、弱気な発言だった。こういう不安は伝染する……リーダーとして失格だな」

私は思いを込め、首を横に振った。

〇〇「いえ、私は嬉しかったです」 

カノエ「え?」

〇〇「今までカノエさんは一人で抱え込むことが多くて……。 でも今、私に悩んでることを話してくれた……それが嬉しいんです」

そう丁寧に伝えると、カノエさんは次第に表情を和らげ……

ふっと、小さな笑みをこぼした。

カノエ「嬉しい、か……そうだな、お前に教えてもらった」

〇〇「きっとチームの皆さんもそうだと思います」

チームの皆という言葉……

それを聞いた瞬間、カノエさんの目に輝きが戻るのがはっきりとわかった。

カノエ「ああ、そうだったな……また間違えるところだった、ありがとう○○。 今度は間違えない。以前の俺とは違う。今は……お前がいるからな」

きっぱりと告げられた言葉に、胸が大きく音を立てた。

そして、私へと恐る恐る伸ばされた手が、頬に触れて優しく撫でてくれる。

(カノエさん……)

温かい手に思わず目を細めると……

チームメイト1「あの~……そろそろ練習始めたいんですけど、いいですかね」

カノエ「お、お前ら……!」

(皆、いつの間に……!?気づかなかった……!)

〇〇「すみません……!」

顔から火が出そうなくらい恥ずかしくて、私は顔をうつむかせた。

チームメイト1「いえ、こっちこそすみません。なんかいい雰囲気の時に……」

チームメイト2「帰りが遅いのが心配になりまして、様子を見にいこうと……」

カノエ「まったく……邪魔してくれたな」

(え……)

ぼそりとつぶやかれた言葉に、目を見張る。

(空耳……じゃないよね)

けれど……

カノエ「今は練習だな。後で」

カノエさんは、何事もなかったように背を向けて歩き出す。

(後でって……?)

〇〇「カ、カノエさん!」

慌てて隣に並び、彼の顔をおずおずと見上げる。

すると……

カノエ「はは……」

カノエさんは、イタズラっぽく笑ったのだった…―。


……
そして、カノエさんは改めて皆を集める。

カノエ「お前ら、相談がある。俺の異能力なんだが……」

カノエさんが自身の異能力の説明をすると、皆が盛り上がる。

チームメイト1「おお!すごい能力じゃないですか、発動するタイミングが肝ですね!」

カノエ「ああ。だが、局面を誤ると一気に形成が不利……負けてしまうだろう。 だから、お前達の知恵を借りたい」

カノエさんの言葉を聞いた瞬間、チームメイト達が満面の笑みを浮かべる。

チームメイト2「嬉しいです、カノエ王子が頼ってくれて!」

チームメイト3「絶対勝たないとな!任せてくださいよ!」

カノエ「……そうか。ありがとう」

会議はつつがなく進み、遅くまで練習を続けることになり……

練習を重なる度に、チームの絆はますます強くなっていったのだった…―。

<<太陽6話||太陽最終話>>