太陽最終話 ランウェイの約束

ファッションショー当日…-。

会場には色鮮やかな照明が輝き、軽快な音楽が爆音で響いている。

中央に設置されたランウェイを、モデルさん達が颯爽と歩いていた。

(皆、格好いいな。でも、スペルヴィアさんがきっと一番……)

私は、スペルヴィアさんの出番を待ちわびていた。

近くに座る女性達も、スペルヴィアさんの出番を楽しみにしているようで…-。

女性客1「スペルヴィア様、もうすぐよ」

女性客2「目が合ったらどうしよう……!」

嬉しそうな彼女達の会話に、私の胸も早鐘を打ち始めていた。

女性客1「……次よ!」

モデルさんが袖にはけてすぐに、照明が落ちる。

音楽が静まり、濃密な興奮だけが会場全体を満たして…-。

まばゆい照明に、スペルヴィアさんが照らし出される。

女性客達「きゃああああああ!!!」

その瞬間、会場が割れんばかりの黄色い歓声が響き渡った。

(すごい歓声……)

その人気に驚いたのも束の間……

すぐに私は、堂々と歩く彼の姿に目を奪われていた。

(スペルヴィアさん、やっぱり何を着ても格好いい……)

デートをするなら何を着てほしいかと問われて、私が選んだ服…-。

旅行をテーマにしたと話した時に、スペルヴィアさんが驚いたように目を見開いたことを思い出す。

(よかった。すごく似合ってる……あれ?)

一つだけ、私が選んでいないものを彼が身に着けていることに気づいた。

―――――

〇〇『あ、これかわいい……』

スペルヴィア『それはレディースよ?』

―――――

それはあの時のボストンバッグだった。

(どういうことだろう……?)

ランウェイを歩くスペルヴィアさんが、客席前で立ち止まる。

客席をじっくり見回すその姿に、悲鳴にも近い女性達の歓声が上がる。

その視線が私に留まり……

〇〇「……っ」

熱く絡み合う眼差しに、私は呼吸をするのも忘れていた…-。

……

ショーが終わって、しばらく…-。

(スペルヴィアさん、どこだろう?)

彼の呼ばれて会場に戻ったものの、先ほど熱狂で満ちていたその空間はすっかり静まり返っていた。

(……あ!)

辺りを見回すと、ランウェイに座っているスペルヴィアさんの姿があった。

〇〇「スペルヴィアさん」

呼びかけると、彼がこちらを向いて手招きをする。

〇〇「お疲れ様でした」

私は彼に駆け寄り、心からの労いの言葉をかけた。

スペルヴィアさんはどこかけだるそうな顔で、小さく笑う。

スペルヴィア「イイ表情。そんなに良かった?ワタシのステージ」

〇〇「はい。すごく素敵でした……! 本当にお疲れ様でした」

スペルヴィア「それだけ?」

〇〇「……え? えっと、本当に格好よくて、ドキドキしちゃいました。それに、やっぱり何を着ても…―」

スペルヴィア「そうじゃなくて……」

伝えきれない興奮を身振り手振りで伝えようとした私に、スペルヴィアさんが苦笑する。

スペルヴィア「ワタシはあのコーディネートを、いつすればいいわけ?」

(さっき……じゃなくて?)

首を傾げていると、スペルヴィアさんが不意にランウェイから飛び降りた。

スペルヴィア「察しが悪いな」

低くなった声に、胸がとくんと弾む。

私を見据える黄緑と青のオッドアイが近づいて…―。

スペルヴィアさんが、私の顎を持ち上げた。

〇〇「……っ!」

ツヤのある唇が、静かに言葉を紡ぐ。

スペルヴィア「オレはもう、オマエと旅行する気でいるんだけど」

間近で囁かれた声に、かあっと体が熱くなる。

スペルヴィア「オマエの気に入ってたバッグ……あれはオマエへのプレゼント」

(あ……)

彼はただ一つ、私が選んでいない物を身に着けていた理由がようやくわかった。

スペルヴィア「二人で旅行するんだろう?」

細められた瞳に、私の胸は甘く震えて……

スペルヴィア「いつにする?」

〇〇「あの……」

スペルヴィア「それとも……このままどこか、行っちゃおっか」

〇〇「え……」

燃えるように熱い頬を、スペルヴィアさんがそっと撫でる。

柔らかそうな唇が小さく笑い……

〇〇「……っ」

私の唇と重なった。

頬を包み込む手は温かく、とても大きくて……

今さらながら、彼が男の人だということを思い知る。

スペルヴィア「どこに行っても楽しそうだ……オマエとなら」

力強く腰を抱き寄せられ、彼の胸に顔をうずめた。

とくとくと、速い鼓動が重なり合う。

(私も……)

胸がいっぱいで答えられないままでいると、もう一度スペルヴィアさんの指が私の顎に触れ……

私の吐息は、彼の熱い唇に奪われていた…-。

おわり。

<<太陽7話||月覚醒へ>>