太陽最終話 命をかけた恋

その日の夜…-。

(誰もいない……よね?)

周囲を注意深く見回し、誰も居ないことを確認すると、私はこっそり城を抜け出した。

(紫珠さんに、桜花さんの呪いを解いてもらうようにお願いする)

(私には……それしかできない)

暗い森の中を進んでいくと、やがて森の奥深くに、紫珠さんの神殿が見えてくる。

(少し怖い……けど)

乱れた呼吸を整えて、声をかけようとしたその時…-。

音も無く、神殿の扉が開いた。

紫珠「いらっしゃることはわかっていました。中へどうぞ」

仄暗い微笑みをたたえて、紫珠さんが姿を現した。

紫珠「呪いを解いてほしい……そうですね?」

悠然と腰かける紫珠さんに緊張しながらも、私は目を逸らすことなく頷いた。

○○「どうか、お願いします。この通りです……!」

私は彼女に深く頭を下げる。

紫珠「頭をお上げなさい。一国の姫君ともあろうお方が」

紫珠さんの言葉に、頭を上げると……

紫珠「そんなに、桜花殿が大切?」

彼女の周囲の闇が、だんだんと濃くなっていく。

(怖い……でも、逃げちゃ駄目だ……!)

次の瞬間、彼女はふっと笑みを浮かべた。

紫珠「……」

何かの呪文を唱えると、目の前に薄紫色の妖艶な光を放つ液体が現れる。

○○「これは……?」

紫珠「これを飲めば、あなたは桜花殿の身代わりになることができます」

○○「身代わり……?」

紫珠「桜花殿の呪いや苦しみが、全てあなたに代わるのです」

○○「! それ……は」

紫珠「さあ、どうしますか? 長くは待ちませんよ」

くすくすと笑う彼女の言葉に、思考を巡らせる。

(これを飲めば……桜花さんを助けることができる)

(でも、私は桜花さんを好きになることができなくなる)

私の脳裏に、桜花さんの苦しそうな表情が浮かんでくる…-。

○○「……」

――――

桜花『初めてお会いした時から……私は……いけないことだと、知りながらも……』

―――――

○○「これ以上……桜花さんを苦しめたくありません」

紫珠「……」

ぎゅっと手のひらを握りしめた後、紫珠さんが持つ美しい液体に手を伸ばす。

その時…-。

桜花「○○さん……やめてください!」

振り向くとそこには、真っ青な顔をした桜花さんがいた。

○○「桜花さん……!」

桜花「窓の外からあなたが出て行くのが見えました……やはり、ここだったんですね」

桜花さんは紫珠さんと私の間に立ちはだかり、途切れ途切れに声を振り絞った。

桜花「あなたではない他の誰かに恋をして、それで……私が苦しまないなんてどうして決めつけるのです?」

そう言って、強く私を抱きしめる。

○○「桜花さん、いけません……! 体が!」

桜花「構いません!」

腕を振り解こうとしても、びくともしない。

桜花「○○さん、好きです」

桜花さんは悲しげに微笑み、私の額に唇で触れる。

けれど…-。

○○「……桜花さん?」

不意に、静寂が訪れる。

力が抜けた彼の体を支えきれず、そのままゆっくりと、床に崩れ落ちる。

○○「桜花さんっ……!!」

ほぼ絶叫に近い私の声が、夜の森を震わせる。

桜花さんは、息をしていなかった。

○○「う……そ……」

張り裂けるような胸の痛みが私を襲い、正常な思考ができなくなっていく

紫珠「恋は、辛いでしょう?」

やがて、紫珠さんがゆっくりと歌うように囁く。

私は、ただ呆然と眠る桜花さんを見つめていた。

紫珠「結ばれないと、悲しいでしょう?」

そっと、桜花さんの横に膝をつく。

そこで私は、正気を取り戻した。

○○「桜花さんに、近づかないで……っ!!」

紫珠さんは、私の叫びには構わず桜花さんに静かに視線を向ける。

紫珠「……桜花殿。命をかけて、ご自分の恋を守ることができたのですね」

そう告げると、彼の胸に優しく手をかざした。

途端、桜花さんの体が優しい光に包まれる。

(まぶしい……!)

やがて光がやむと……

すう、と、桜花さんが瞳を開いた。

○○「桜花さん!?」

桜花「私は…-」

ゆっくりと瞳を開き、私を視界にとらえて……

桜花「呪いが……」

そう、ぽつりとつぶやいた。

紫珠「ええ。呪いは、解けました」

紫珠さんが、彼の言葉の続きを引き取る。

紫珠「この呪いは、“命をかけて恋をした時”に解けるのです」

紫珠さんは、愛おしそうに桜花さんを見つめた。

紫珠「あなたの父上に裏切られた時、私は絶望しました。 この世に恋など・・・・・・愛など、存在しないと思ったのです」

そして桜花さんの前に跪き、ゆっくりと頭を下げる。

紫珠「……教えてくれて、ありがとうございます。ちゃんと、存在するのですね」

桜花「紫珠殿……顔を上げてください。もとはといえば、父上が……」

紫珠さんは、ゆっくりと首を振った。

紫珠「国王様にお伝えください。申し訳ありませんでしたと。あと……本当に、愛していたと」

紫珠さんが、微笑む。

その笑顔は、この上なく嬉しそうに、そしてこの上なく悲しそうに見えた…-。

……

紫珠さんの神殿を後にして、私達は城へと帰路を急ぐ。

○○「紫珠さん、大丈夫でしょうか……」

夜明けまでに、紫珠さんは国を離れるという。

その方がよいだろうと笑った彼女は、どこか晴れ晴れとしているように感じた。

(呪をかけ続けていた彼女も、ずっと苦しかったんだ)

最後に彼女が見せた笑顔に、想いを馳せていたその時…-。

桜花「○○さん」

桜花さんが私の方に向き直り、息のかかりそうな距離まで近づいてきた。

○○「お、桜花さん……?」

桜花「あなたに、触れてもいいですか?」

○○「え……」

戸惑いつつも、桜花さんの強い眼差しに、私は小さく頷いた。

桜花「ありがとう……」

桜花さんの指が私の髪に触れ、頬に触れ、唇に触れていく…-。

桜花「ずっと、こうしたかった。 あなたの肌はこんなにも柔らかく、温かいのですね……」

桜花さんの瞳に、朝霧のような滴がにじむ。

桜花「望んではいけないことだと思っていました。 けれど、私はこうしてあなたに…-」

そう囁くと、優しく顎を持ち上げられて……

○○「ん……っ」

優しく唇を奪われる。

○○「桜花さん、待って……」

桜花「もう、待てません」

口づけが、どんどん熱を帯びていく。

桜花「○○……愛しています」

私を抱くその腕は、とても逞しく感じられて……

桜花「もう一度……」

求められるままに、私は彼の身に委ねる。

(こんな桜花さん……初めて)

やがて、彼の唇が今度は私の首筋に落とされる。

○○「ん……っ」

桜花「ふふっ……どこまでも、可愛い人」

春の訪れに、草木が生命力に満ちていくように……

桜花さんからいっぱいの愛を注がれて、私はこの上ない幸せを感じていた…-。

おわり。

<<太陽9話||月覚醒へ>>