太陽最終話 深海に光る夕陽

翌日…―。

〇〇「え……?」

オリオンさんの病室を訪れた私は、思わず目を見開いた。

オリオン「帰れと言ってる。もう地上へ戻る力は持ってるだろ」

波を反射して美しく輝く部屋の風景が、急に色彩を失っていく。

〇〇「……オリオンさん」

オリオン「お前は俺のせいで死にかけた。 お前は気を失っていて覚えていないはずだが……本当に危なかったんだ。 俺が追いついた時には、お前の心臓はもう止まっていて……すぐに力を与えないといけない状況だった。 気がついた時には、俺は自分の喉を掻き切って、お前に血を与えていた」

〇〇「……っ」

オリオン「気づいたんだ。 お前がいなくなったら……生きている意味がない。 もしもまた、万一お前が俺から逃げようとして、危ない目に遭ったりしたら……。 俺は一生自分のことを許せない。 だから……帰れ」

〇〇「オリオンさん……」

首に下げた貝殻のネックレスが、シャラリと音を立てる。

――――――――――

オリオン「心から好きだと思える相手に出逢えるのは、奇跡だろう。 俺は、後悔などしたくない。 どんな事をしても……手に入れる」

――――――――――

(オリオンさん……)

オリオンさんの瞳が、苦しそうに細められている。

どうしようもなく胸が締め付けられて……

気づくと私は、そっとオリオンさんを抱きしめていた…―。

オリオン「〇〇……?」

〇〇「す、すみません……私……っ」

慌てて走り去ろうとすると…―。

私の手を後ろからオリオンさんが強く掴んだ。

オリオン「それは……少しは希望を持ってもいいということか?」

(そんなこと、わからない)

(でも、まだ帰れない)

(だって私は、まだきちんとお礼も言えてない)

(お詫びもできてない)

(ちゃんと言いたいのに、胸が痛くて……)

返事をすることができずにいると、オリオンさんは私の手を引き抱き寄せる。

オリオン「触れても……いいのか……? それなら俺は、遠慮などしない……」

胸が高鳴って、私は返事をすることができない。

すると、不意に腰元を抱き寄せられ……

ゆっくりとオリオンさんの親指が私の唇をなぞる。

〇〇「……っ」

その指の触れたところに生まれる甘い痺れに思わず目を閉じると、

オリオンさんの顔がゆっくりと近づいてきた。

オリオン「〇〇……」

この上なく愛おしげに名前を呼ばれ、私はそっと瞳を閉じる。

〇〇「……っ」

唇の隙間からオリオンさんの舌が差し込まれる。

今までとは違う、深いキス……

その甘く優しい口付けは、私の胸を暖かな光で満たしていった。

〇〇「助けてくれて……ありがとうございました」

かすれる声を、なんとか絞り出す。

〇〇「それから……ごめんなさ…―」

言い終える前に、私の唇は、再びオリオンさんに塞がれてしまう。

〇〇「ん……っ」

オリオンさんの指がそっと私の髪を撫で、力強い腕が私の腰を抱く。

オリオン「〇〇……お前の他には、もう何もいらない。 傍に……いてくれ……」

息継ぎも許されない、長いキスが繰り返されてゆく。

言葉にできない幸福感で、体が満たされていき…―。

(ああ、私)

(オリオンさんのことが……好きなんだ)

不意に私の体が抱き上げられ、ベッドにふわりと降ろされる。

オリオン「……俺の傍にいろ」

〇〇「オリオンさん……」

オリオンさんが、私の胸元のリボンに手をかける。

〇〇「……っ」

恥じらいにその手を押しとどめようとするけれど、

〇〇「んっ……」

手のひらを掴まれて、深く口づけられる。

オリオン「〇〇……」

その熱い吐息に、私は彼に身を委ねることしかできなくなっていく。

(恥ずかしい……けど)

(抵抗できない)

やがて、私を覆うものがはぎとられた時…―。

オリオン「……」

シャラリと鳴った小さな音に、オリオンさんが優しい笑みをこぼした。

〇〇「あ……」

あの、オレンジ色の夕陽を溶かしたような貝殻のネックレス。

彼が愛おしそうに、私の胸元にキスを落とす。

〇〇「っ……」

オリオンさんのキスが、やがて全身に落とされていく中……

やっと二人の気持ちが通じ合えたことを祝福するように、貝殻が、シャラリシャラリと優しい音を奏でていたのだった…―。

<<太陽9話||太陽SS>>