太陽SS 望んだ声

霞を溶かしたような波音がやけに大きく響く。

俺は、〇〇を抱いたまま籠に乗せられ、部屋へと戻った。

医師「オリオン様、どうかお離しください」

体温を取り戻しつつある彼女と反対に、首から血を流し続けている俺の体温は失われていく。

医師「このままでは王子のお命が……」

オリオン「俺を助けたかったら、さっさとこいつを目覚めさせろ」

強く命じたつもりだった。

それなのに、俺の声は掠れ、ひどく頼りなく聞こえる。

(目覚めろ……! 頼むから)

失われていく力をかき集め、彼女を強く抱きしめた。

医師「オリオン様! もう十分です!どうか……!」

オリオン「……っ」

視界が歪み、呼吸もままならない。

それでも俺は、彼女を離すことなどできなかった。

執事「オリオン様!」

オリオン「触るな! こいつは俺のせいでこんなことになったんだ! 俺から逃げようとして……っ!」

その時、彼女の手から何か光るものがこぼれ落ちる。

(これは……?)

それは俺が贈った貝殻のネックレスで、彼女がことさら喜んでくれたものだった。

贈った時の彼女の笑顔を思い出し、細い鎖を握りしめる。

執事「……まずは、姫をベッドに寝かせ、お手当を。血はもう十分。姫はすでに力をお持ちです」

執事が静かに告げる。

オリオン「……医師、確かか」

医師「はい。ですから、どうか……」

オリオン「……わかった。そのかわり、こいつが目覚めるまで俺はここにいる」

……

メイドの手を借り、着替えと手当を終えると、俺は彼女のベッドに腰をかける。

ベッドサイドでは医師が注射の用意をはじめていた。

オリオン「……おい、別の方法はないのか」

壁にもたれながら、光る針と彼女の細い腕を交互に見つめる。

医師「オリオン様、これは必要な処置です」

オリオン「……慎重にやれ」

(あんなものを刺されたら痛いだろう……)

医師「……オリオン様」

医師が、かすかに声を立てて笑った。

医師「あなたが注射されているようですよ」

気付かぬうちに顔をしかめていたのかもしれない。

オリオン「う、うるさい」

ただでさえ力が出ないのに、決まり悪さに声がますます小さくなる。

医師「もう終わりましたからご安心ください」

オリオン「……〇〇は、本当に力を得たのか?」

医師「ええ。ボロボロだったお体が再生していますから、間違いなく」

オリオン「そうか」

医師が一礼して部屋を出て行く。

(ならば、こいつは地上に帰る力を得たということだ)

(行ってしまうのか……?)

(俺から逃げてシャボンの外まで行ったんだ。帰るんだろうな)

暖かさを取り戻した彼女の手を握ると、胸の内がざわめいた。

オリオン「……悪かったな。 もう、無理強いしたりしない」

(だから……だから、側にいてはくれないか?)

華奢な手の甲に唇を落とす。

その時……彼女のまぶたがゆっくりと開いた。

オリオン「〇〇! おい、目覚めたぞ」

上ずる声で、扉の外に控えているであろう医師を呼ぶ。

〇〇「あの、私……?」

急ぎ脈や呼吸を調べて、医師が安堵のため息を吐いた。

医師「力を持たないまま、シャボンの外に出られたのです。 オリオン様が力を与えてくださらなかったら……あなたは、あと少しで死ぬところだったのですよ。 さあオリオン様、もう宜しいでしょう。どうかお休みに。 体中の血が抜けてしまっているのです。このままではあなた様のお命が……」

オリオン「俺のことはいい。 側にいる……」

不覚にも涙が零れそうになり、震える声を無理矢理絞り出す。

次の瞬間、ぐらりと視界が揺らいだ。

(まだだ……! 〇〇に伝えていない)

〇〇「オリオンさん……っ」

肩が冷たい床にぶつかり、彼女が俺を呼ぶ声が聞こえる。

どれだけ望んだだろう。

冷たく青ざめていたその唇が、再び俺の名を呼ぶことを…―。

オリオン「〇〇……」

掠れる声が彼女に届いたかはわからない。

ただ、彼女の澄んだ瞳を見ると、柄にもなく胸がいっぱいになった。

(好きだ……)

(思い通りにならなくても、お前が好きだ)

言葉にならない思いを込めて、彼女の瞳を見つめる。

遠くで波がさざめいていた…―。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>