太陽6話 行き先は?

陽光の中で、アルマリの真剣な瞳が美しく輝いている…-。

アルマリ「あのね、僕…-」

〇〇「……」

小さくつぶやかれた言葉に意識を集中させる。

だけど…-。

アルマリ「……やっぱりなんでもない」

言葉の先をなかったことにして微笑むと、彼は再び花畑に寝転んで静かに寝息を立て始めた…-。

翌日、私はホテルのアルマリの部屋を訪ねることにした。

(昨日……何を言おうとしていたんだろう)

ノックをしようと、扉の前で手を掲げると……

アルマリ「あ、〇〇」

ひとりでに扉が開いて、アルマリが顔を出した。

〇〇「どこかにでかけるの?」

アルマリ「うん、ごめんね。今日は大切な用事があるから君とは一緒に過ごせないんだ」

(大切な用事……?)

〇〇「ううん、謝らないで大丈夫。いってらっしゃい」

手を振って、部屋から出て行ってしまう彼を、私は少し寂しい気持ちで見送った…-。

<<第5話||太陽7話>>