太陽最終話 誓いの言葉

水を打ったような静けさの中、私達の足音が神殿に響き渡る……

私はシュテルさんに導かれるまま、再びこの場へ足を踏み入れた。

シュテル「運命で結ばれた二人が近づくと、先に鏡が光り出すそうだ」

〇〇「そうなんですか……?」

シュテル「僕が君を祭壇へ連れて行く。 気持ちの整理がつくまで、目を閉じているといい」

〇〇「はい……」

私はシュテルさんに言われた通り、そっとまぶたを伏せる。

(運命は、自分の手で変えられる……)

(それなら、何も恐れることはないんだ)

シュテルさんの言葉が、私の背中を押してくれた。

〇〇「いえ……私もちゃんと見届けます」

まぶたを持ち上げると、シュテルさんが少し驚いたように目を見張り、小さく頷いた。

シュテル「〇〇……」

私はシュテルさんにエスコートされる形で、祭壇へ向かう道を一歩ずつ踏みしめていく…-。

シュテル「……君に話しておきたいことがあるんだ」

歩みを止めることなく、シュテルさんが静かに口を開いた。

シュテル「運命という言葉は、時に残酷に聞こえるかもしれない」

(え……?)

シュテル「君は優しいから……僕に与えられた運命を知って、いつも心を痛めてくれていた」

シュテルさんの寿命を示す星屑時計は、もうわずかしか残っていない。

それを見る度、言い様のない焦りに駆られてしまう自分がいた。

〇〇「優しいのはシュテルさんの方です。私はただ……」

(シュテルさんがいなくなってしまうのが、どうしようもなく辛くて……)

そんな心の弱さを、シュテルさんの前で口にするのはためらわれた。

シュテル「……」

シュテルさんは、私を包むように微笑みかける。

(私の大好きな、この笑顔も……)

(遠くない未来に、もう会えなくなってしまう…-?)

やがて祭壇の前に着き、シュテルさんが立ち止まった。

シュテル「……君の傍にいると、不思議な感覚になる」

〇〇「え……?」

シュテル「散りゆく花々を美しいと感じたり……。 くるくる変わる君の表情を、ひとつひとつ心に留めることが癖になって」

そう言いながら、シュテルさんがくすりと笑みを浮かべる。

シュテル「人の願いを叶えることにしか、自分の価値を見いだせなかった。 そんな僕を、君に引き合わせてくれた運命は……とても優しい」

自らの寿命を知ってもなお、シュテルさんは運命を称える。

(シュテルさん……)

シュテル「だからきっと、僕らの運命はどこかで交わる。 遥か遠く、名もない星へ逃げようとも……」

シュテルさんの澄み切った声が、私の心に熱く染み渡る……

そこでようやく、大切なことに気がついた。

(あの二人が、鏡を見るのを恐れていなかったのは……)

(たとえ、鏡にお互いが映らなくても、想いは一つだと知っていたからなんだ)

シュテル「僕の気持ちは決まっている。 君にはまだ、覚悟が必要か……?」

シュテルさんに尋ねられ、ようやく気持ちが定まった。

〇〇「運命は変えられる……私もそう信じます」

迷いを振り切った私に、シュテルさんも頷き返してくれる。

シュテル「鏡を見る前に、誓いの言葉を贈ろう」

シュテルさんは嬉しそうに微笑むと、私の前で片膝をつく。

シュテル「僕の願いを叶えられるのは、世界で君だけだ。 あまたの星に誓って……残されたこの命、すべて君に捧げよう」

(シュテルさん……)

想いがこもったプロポーズの言葉に、胸がじんと熱く震えた。

〇〇「私も……ずっとシュテルさんの傍にいます」

シュテルさんの手に、そっと自分の手を重ねると……

シュテルさんが、その手を強く握り返してくれた。

シュテル「君が好きだ……」

切ないほどの一途な眼差しに射抜かれ、胸が甘く音を立てる。

シュテルさんの冷たい指先に、私の熱が移り……

温もりを分け合いながら、二人の想いを大切に重ねた。

シュテル「私もシュテルさんが好き……大好きです」

シュテル「……ありがとう、〇〇」

シュテルさんの唇が、私の薬指に柔らかく落とされる。

すると……

シュテルさんのこぼした吐息が、星屑のリングとなって薬指の周りを美しく囲った。

(綺麗……)

シュテルさんはゆっくりと立ち上がり、私の背中に手を添えた。

シュテル「……」

二人で手を繋ぎ、ほのかな光を放つ水鏡を覗き込むと……

シュテル「……君には何が見える?」

喜びで喉が詰まり、上手く声を出せなかった。

〇〇「シュテルさんです……」

シュテル「ああ……僕にも君が見えるよ」

シュテルさんと見つめ合えば、笑顔と共に愛しさが込み上げる。

(あなたが……私の運命の人)

私の指先から、星屑のリングが溶けて消える代わりに……

シュテルさんの腕に抱かれ、誓いのキスを交わす。

私達二人の幸福な未来を祈るように……水鏡は、柔らかで優しい光を放ち続けていた…-。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>