太陽SS 努力の先に

呪文を唱えると、掌に赤い炎が燃え盛った。

ミヤ「あちっ……!」

危うく手を火傷しそうになり、オレは急いで呪文を唱えるのをやめた。

(おかしいなぁ。魔術書に書いてある通りにやったのに……)

新しい魔術の練習をしているけど、さっきからずっと失敗ばかり…―。

ミヤ「どこが違うのかな~?」

魔術書をすみからすみまで読んでも、失敗した原因がわからない。

(イリアはこんなの簡単にできるんだろうな……)

そんなことを思っていると、ふうっと一つため息が漏れた。

(だめだ、だめだ!)

オレは自分の頬をぱんっと叩いて、気合を入れる。

ミヤ「よしっ……!」

(今までなら諦めていたけど、もう諦めるのはやめだ!)

(だって、今は……)

ふと、脳裏に○○ちゃんの笑顔が浮かぶ。

彼女を思い出しただけで、胸の奥がじんわりと温かくなった。

(守りたい人がいる)

(この魔術を、絶対に使えるようになってみせるんだ!)

掌にぐっと力を入れ、魔術の練習を再び始める。

火傷の数が増えるたび、オレはどんどん強くなれるような気がした…―。

この時はまだ、この力を使う日がくるなんて思ってはいなかったけど…―。

数日後…―。

イリアが帰ってきたと勘違いした敵国の魔術師たちが、城の中に侵入してきた。

魔術師「また機会を改めるが、その前に……」

魔術師が呪文を唱えると、炎の蛇が長くとぐろを巻き暴れ出した。

○○「……!」

その炎は、○○ちゃんの周りを取り囲む。

ミヤ「○○ちゃん!」

(落ち着け……あの時、勉強したことを思い出すんだ)

(キミは……オレが助けてみせる!)

オレは記憶の断片を拾い集め、練習した魔術を思い出す。

魔術師「全部、燃えてしまえ!」

叫び声と共に、魔術師は手を振り上げた。

(させるか!)

オレは意識を集中し、両手を広げて呪文を唱えた。

そして、燃え盛る炎に向かって、スッと手をおろす。

すると…―。

ミヤ「……!」

炎は音もなく消え去った。

(よしっ!)

魔術師「!? 何故だ!?」

魔術師が戸惑うその一瞬をついて、兵士達が取り囲み抑え込む。

ミヤ「大丈夫!? ○○ちゃん!」

オレは急いで○○ちゃんの元へと駆けていく。

○○ちゃんは、まだ体を震わせていた。

(怖い目に合わせちゃったな……)

そう思うと、ズキンと胸の奥が痛くなる。

(こんな目に……もう二度とあわせてたまるもんか)

国王「ミヤ、まさか炎の魔法を打ち消したのか!? イリアもまだ身につけていない術だぞ!」

ミヤ「えっ……!?」

(イリアもまだの魔術を……オレが?)

王妃「た……たまたまに、決まってますわ」

母上は相変わらずオレを認めようとしないけれど、

不思議なくらい、オレは気にならなかった。

(いつものことではあるんだけど……)

けれど母上の言葉を聞いて、○○ちゃんの眉が悲しそうに下がった。

(あ……○○ちゃん、気にしてるんだろうなぁ)

(でも大丈夫だよ、○○ちゃん)

オレは思わず肩をすくめて笑ってしまう。

(本当のオレを、ちゃんとわかってくれる人がいるから)

笑っているオレを、○○ちゃんは不思議そうに見上げる。

(○○ちゃん、キミのおかげだよ)

(この気持ちも、後でちゃんと伝えよう)

オレはこの時、初めて本当に笑えた気がした。

キミがオレのそばに居てくれる限り、オレの笑顔は本物であり続ける。

きっと、ずっと…―。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>