太陽最終話 満開の桜の木の下で

開花の儀式、当日・・・・ー。

私は、桜花さん達と共に承和の国へと来ていた。

儀式には、各国から大勢の人達が集まっている。

(こんな大勢の人達の前で・・・・)

(頑張って、桜花さん)

桜花さんは、桜の木の前に立つと人々に向かって深々と一礼する。

桜花「本日は、お招きいただきありがとうございます。 うららかな陽気に包まれた、よき日を迎え嬉しく思います」

その凛としたたたずまいを見て、私の心配は杞憂だったと、ほっと胸を撫で下ろす。

(桜花さん、頑張って・・・・)

桜花さんが、ふわりと着物を広げて優雅に舞う。

すると、一瞬にして桜吹雪が巻き起こった。

○○「・・・・!」

まるで、桜の花びらに包まれたような感覚に陥る。

人々は目を奪われ、眼前に広がる桜色の世界に身を浸していた。

桜吹雪の中で、一瞬だけ桜花さんと視線が交わり合う。

(・・・・桜花さん)

堂々と桜を操る彼の姿に、私は目を離すことができない。

優雅に舞っているその姿に、人々も思わずため息を吐いていた。

桜花「春よ、来れ!」

桜花さんは、力強い声で空へ叫ぶと天を大きく仰いだ。

すると、次の瞬間・・・・ー。

○○「・・・・!」

目の前の木々に、満開の桜が咲き誇った。

(・・・・綺麗)

観客1「わぁ〜、すごい!」

観客2「今までに見たことないくらい、綺麗な桜だ・・・・」

堂々と咲き誇る満開の桜を前にして、人々が感嘆の声を上げる。

桜花「ご覧くださり、ありがとうございました。皆様によい春の訪れを願っております」

割れんばかりの拍手と歓声が飛び交う中、桜花さんはもう一度深々とお辞儀をする。

桜花さんはその場を退座すると、私の元へ歩み寄ってきてくれた。

桜花「いかがでしたか?」

○○「はい・・・・すごく綺麗でした! 桜花さんの舞も、素敵で・・・・」

桜花「あなたにそう言ってもらえると、とても嬉しいです」

満開の桜は、青空を覆うほどに咲き誇っている。

(空がピンク色・・・・)

薄紅色に染まった空を眺めていると、つい時を忘れてしまいそうになる。

不意に、手に温もりを感じた。

○○「・・・・!」

桜花さんの手が、私の指に絡まる。

桜花「一緒に、この辺りを歩きませんか?」

○○「・・・・はい」

手を繋ぎながら、私達は桜並木を歩く。

桜花さんも、満足そうに桜の木々を眺めていた。

桜花「この桜は、私の心が影響するんですよ。 なので、今年の桜がこんなにも綺麗なのは・・・・」

桜花さんは、私に向き合うとじっと見つめてくる。

(・・・・桜花さん?)

桜花「今年の桜がこんなに綺麗なのは、○○さん、あなたのおかげなのです」

あまりにもまっすぐな言葉をもらい、私は思わず首を振る。

○○「そんな・・・・桜花さんが一生懸命練習されていたからです!」

桜花「どこまでも・・・・あなたは奥ゆかしい方ですね」

突然、桜花さんが私の髪にふわりと触れて・・・・

○○「・・・・!」

桜花「○○さんの髪に、桜の花びらが舞い落ちました」

桜花さんは、桜の花びらを取って見せてくれる。

桜花「悪戯好きな、花びら達だ。 桜の色が綺麗なのは、私の心があなたの優しさで満たされているからです。 満開の桜の花は、あなたへの溢れる気持ちを表しています」

桜花さんの瞳を、私は逸らすことができない。

桜花「こんなにも温かな気持ちで春を迎えることができたのは初めてです」

私の左頬に桜花さんの右手が添えられる。

桜花「○○さん」

○○「お、桜花さん・・・・」

(か、顔が近い・・・・)

桜花「大丈夫です。ここは誰にも見られません。 ・・・・それとも、嫌ですか?」

(嫌じゃ・・・・ない・・・・)

私の言葉は、桜花さんの唇によって塞がれる。

(桜花さん・・・・)

桜花「これからも、あなたと共に春を重ねていきたい」

満開の桜の花びら達がひらひらと春風に舞い、私達の周りを優雅に踊る。

それはまるで、私達のこれからを祝福しているかのように思えた・・・・ー。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>