太陽最終話 大切なもの

地面の揺れがおさまり、街に静けさが戻る。

やっと、怖い顔をしていたメディさんがホッとしたように息を吐いた。

メディ「キミは一体……」

メディ「すみません。でも、筆は大丈夫ですよ……!」

振り返り、メディさんに筆を見せる。

彼は驚いたように目を見開くと、唇を震わせた。

メディ「まさかキミは……このために?」

〇〇「メディさんの大切な物ですから」

メディ「だからって!」

〇〇「っ……!」

メディさんは声を荒げ、両手で私の肩を包んだ。

メディ「キミにもしものことがあったらどうするんだ!?」

〇〇「メディさん……」

メディ「あのまま落ちてしまったら危なかったんだよ!?」

(メディさんがこんなに怒るなんて……)

〇〇「すみません、私……」

自分のしてしまったことの重さを痛感した。

(考えなしだった……こんなに心配をかけて)

メディ「まったくキミは……仕方のないプリンセスだ」

メディさんは私の額に自分の額を重ね合わせると、優しく言葉を紡いだ。

筆を握った手に、彼の手が重なる。

メディ「この筆のために、危険をかえりみないなんて……」

〇〇「メディさん……」

メディ「キミにはいつも驚かされるね……。 ……本当はね、森で筆を探していた時、見つからなくてもいいと思っていたんだ」

〇〇「え……?」

メディ「この筆を芸術の象徴だと言ったけれど、ふと思ったんだ。 ボクはそれに固執して、本当の自由なる芸術を見失っているんじゃないだろうかと」

〇〇「えっと……」

メディ「わかりやすく言うと、難しく考えすぎてしまったってことだね。 筆が悪いんじゃない。悪いのはボクの考え方だ。まったくどうかしていたね。 だってそう、ボクはいつでも自由で、芸術は絶えずボクの周りにあるんだよ。 美しいと思う気持ちに、嘘をついたことは一度もない。 今日、キミと一緒にいて、そのことに改めて気づいたんだ」

〇〇「え……?」

メディ「キミの真っ直ぐさが、教えてくれたんだよ。 筆は象徴じゃない。ボクの歩んできた道のりだ。 ありがとう、〇〇。ボクの大切な物を守ってくれて……ありがとう」

〇〇「メディさん……」

メディ「けれどね、ハニー」

彼は私の頬を指先で撫でると、目を細めた。

〇〇「っ……!」

彼に見つめられ、私の胸が音を立てる。

メディ「頬に絵の具がついているね」

〇〇「あ……」

(私、髪も服も絵具だらけ……)

メディ「キミは本当にいつも何かに一生懸命だ。 だけど、その一生懸命さを、勘違いしてしまう男もいるんだよ。 ボクを追いかけてきてくれたのは、ボクのことを少しは気になってくれたからだろうか? 大切な物を守ってくれたのは、ボクのことを大切だと思ってくれたからだろうか? それは……仲間としてではなく、一人の男として、だろうか?」

〇〇「メディさん……」

メディ「……」

彼が真っ直ぐに私を見つめている。

胸の高鳴りが大きくなっていく。

(私……メディさんのことが……)

メディ「……ちょっと、性急過ぎたね」

メディさんは私から視線を外すと、いつもの笑顔に表情を変えた。

メディ「そろそろ戻ろうか。皆が心配しているよ」

〇〇「え……?」

メディ「彼らが待ちくたびれて探しに来てしまうかもしれないね!」

(また、はぐらかされた……)

〇〇「待ってください……! 追いかけたのも、筆を拾ったのも、もしかしたら他の人が同じでも私はやると思うんです」

メディ「うん、〇〇らしいね!」

〇〇「でも、私は……! 私はメディさんのことを……」

メディ「……」

メディさんは顔を寄せると、私の額にキスを落とした。

〇〇「っ……!」

顔が一気に熱くなっていく。

メディ「ハニー、その続きはまだ秘めておいてもらってもいいかな?」

〇〇「え……?」

メディ「本当ならば今ここで聞きたいところだけど! そうだね……この旅が終わった後にゆっくりと」

〇〇「メディさん……」

彼の真剣な眼差しが注がれ、心臓が大きな音を立てている。

メディ「それに……」

〇〇「え?」

メディさんの綺麗な手が、私の髪をふわりと撫でる。

メディ「〇〇。ボクからもキミに伝えたいことがある。 それは……改めてボクから言わせてくれ」

〇〇「はい……!」

私達は手を繋ぎ、宿へと歩く。

オレンジ色に染まる道は、どこまでも暖かく私達を包み込んでいるように思えた…-。

おわり。

<<太陽5話