太陽5話 芽生えた意志

(冷たい・・・)

その感覚に、そっと目を開ける。

(ここは・・・?)

城の兵士1「お、起きたか」

〇〇「・・・?」

城の兵士1「すまないな。あんたを逃がさないようと、国王様のご命令なんだ」

〇〇「・・・!」

(そうだ、私、何かで口を塞がれて・・・)

体を起こそうとするけれど、手と足を縄できつく縛られていて身動きが取れない。

城の兵士1「次の指示があるまで、悪いが少しそのままでいてもらう」

(・・・!)

縄を解こうと力を入れても、手首が締めつけられるばかりだった。

(寒い・・・)

再び意識が朦朧とし始めた時・・・―。

言祝「〇〇!!」

(・・・言祝さん?)

言祝「お前達・・・今すぐここから立ち去れ!!」

城の兵士2「しかし、国王様が・・・!」

言祝「黙れ!この件は俺がすべて責任を負う」

城の兵士1「・・・」

今にも兵士に殴りかかりそうな言祝さんの剣幕に、彼らは怯えながら去って行った。

言祝「〇〇・・・!」

言祝さんはすぐに私に駆け寄ると、私を戒めていた縄を解いてくれた。

痣になってしまった手首の縄のあとを、言祝さんが優しく撫でてくれる。

言祝「・・・すまなかった。俺が父上と向き合わないばかりに・・・」

言祝さんは、震えていた。

言祝「俺は・・・からっぽな人間だったんだ。 この国の王子として、それが自分の意志だと言い聞かせながら、父上の言いなりになっていた。 でも、君の言葉で気づいたんだ。 ・・・俺には、したいことがある」

言祝さんに見つめられ、私はにっこりと微笑みを返した。

〇〇「教えてくれますか?なんでも協力します」

言祝「ありがとう・・・」

そう言って、見つめ合う。

言祝さんの瞳には、強い意志が秘められていた・・・―。

<<第4話||太陽最終話>>