太陽最終話 その強さは……

柔らかな日差しが部屋に差し込む中…ー。

カストル「ポルックスの存在を知ってから、僕は彼にずっと憧れていたんだよ」

カストルさんは、真剣な表情で話し始めた。

カストル「彼は僕の持たないものを全て持っているからね。僕も彼のように強くなりたかった。けど……。 僕はこの通り、弱い人間だから。 ここ数日、頻繁にポルックスが現れて……僕はね、このまま僕が消えればいいと思ってた」

◯◯「カストルさん……! ?」

カストル「きっと周りだってすぐにわかる。僕よりポルックスの方が国を背負うに相応しいって。 強い意志と力を持つ彼なら……この国も安泰なんだろうと」

◯◯「カストルさん……」

何と言っていいかわからずに、名前を呼ぶことしかできずにいると、

カストルさんの綺麗な手が、私の髪をふわりと掬った。

カストル「理想や重荷ばかりをポルックスに押し付けて、自分はなんの努力もしないで逃げてしまおうと思ってた。 彼が腹を立てるのも無理はないよね」

カストルさんはそう言って寂しそうに笑うけど、どこか違和感が残る。

(ポルックスさんが怒っている……?)

◯◯「カストルさん、それは違います!」

カストル「◯◯?」

◯◯「ポルックスさんは、カストルさんのことを心配していました」

私の言葉に、カストルさんの瞳がわずかに見開かれる。

カストル「……ポルックスが?」

◯◯「はい。ポルックスさんは……カストルさんのことを誰より思い遣っています」

ーーーーー
ポルックス
「カストルの負担になることはやめろ」
ーーーーー

私は、あの時のことをカストルさんに話した。

◯◯「あの時、私がポルックスさんに感じた不思議な感覚は……。 他の誰でもない、カストルさんの優しさだったんです」

カストル「……」

カストル王子は瞳を震わせて、自らの胸元に手を重ねた。

カストル「ポルックス……。 そうか……彼もちゃんと僕の一部だったんだね。そんなこと考えもしてなかった」

王子は静かに瞳を伏せて、やがてゆっくりと窓辺に視線を向けた。

柔らかな朝の光が、カストル王子の輝く瞳をより一層明るいものにする。

カストル「いつか……彼とひとつになれる日が迎えられるのかな」

◯◯「はい、きっと」

(お互いがお互いのことを、誰よりも思い遣っているから)

カストル「いや、必ず迎えないと。でないと、アイツに謝れない」

ぽつりとつぶやいて、カストル王子は窓を開く。

部屋に穏やかな風が入り込み、カストルさんの横を吹き抜ける。

その時……

◯◯「……っ!」

私は息を呑んだ。

(……なんて凛々しい顔)

不意に私を抱きしめたカストル王子の微笑みに見たもの……

それはポルックス王子にも勝る、夜空に輝く一等星と見まごうばかりの力強い眼差しだった。

カストル「ありがとう、◯◯。僕に大切なことを気付かせてくれて……」

◯◯「カ、カストル……さん……」

カストル「ただ、カストルと、そう呼んで欲しい……」

◯◯「……カストル……」

肩を抱くカストルさんの腕はしっかりとしていて、胸がいっぱいになる。

優しい人だと思っていた彼の中にも、しっかりとポルックスさんが持つ強さは息づいている。

カストル「今、僕の中にこれまでになくポルックスの存在を感じるよ。 彼の魂も、僕の心の中に確かに存在している……」

その声はこれまでと変わらず穏やかなのに、不思議なほどに強い響きがあった。

カストル「◯◯……君にお願いがある。 僕達……僕は必ず、◯◯に胸を張って再会できるような存在になるよ。 だから、その時は……もう一度この国に訪れてくれないかい?」

◯◯「……はい。必ず」

王子の心に生まれた新たな光に、私は胸の中で頷いた…一。

<<太陽5話||太陽SS>>