太陽SS 君へ贈る約束

○○が城を出る姿を見届けた後…ー。

僕は名残惜しい気持ちを振り切って、自室に戻っていた。

カストル「ありがとう……」

口からこぼれ出た、感謝の言葉。

それは、ポルックスへ向けられたものだった。

カストル「ねえ、聞こえてるかな?」

僕の中にいるポルックスに呼びかける。

(なんでも君に押しつけてしまっていたけれど)

(僕も……強くなるよ)

彼女に目覚めさせてもらってから、瞬く間に日々は過ぎて…ー。

○○との出会いが、僕の気持ちを大きく変えた。

去り際に、彼女が伝えてくれた言葉を思い出す。

ーーーーー

○○「カストルさん、それは違います!」

カストル「○○?」

○○「ポルックスさんは、カストルさんのことを心配していました」

ーーーーー

(僕は、ずっとポルックスに対して申し訳ない気持ちでいっぱいだった)

(自分のことを怒ってるんじゃないかって……けど)

カストル「今は……違う。ポルックスは僕の一部で……僕達は、二人でひとつだ」

手のひらをじっと見つめて、静かにそれを握りしめる。

(感じる……確かに、僕の中にポルックスがいることを)

(いつか、彼とひとつになれたら……)

(いや、必ず迎えるって決めたんだ)

決意を胸に顔を上げると、風に揺れるカーテンが目に入った。

(あ……)

バルコニーまで歩いて、外を眺める。

そこに、もう彼女の姿はないけれど……

カストル「○○に、胸を張って再会したい」

言葉として声に出してみると、胸がじんわりと温かくなった。

(ポルックスが答えてくれているのかな)

(……頑張らないとね)

その時、風がそよぎ、ふわりと頬を撫でた。

僕は、彼女と過ごした数時間前のことを思い出す…ー。

ーーーーー

カストル「ありがとう、○○。僕に大切なことを気付かせてくれて……」

○○「カ、カストル……さん……」

カストル「ただ、カストルと、そう呼んで欲しい……」

○○「……カストル……」

ーーーーー

(僕は嫉妬していたんだ)

(自分の知らない、ポルックスが彼女と会っていた時間に……)

(○○を、独り占めしたいなんて)

子どもじみた独占欲に、僕は思わず苦笑を漏らす。

(ポルックスとひとつになれたら、独り占めではなくなるのかな?)

あの時腕に抱いた彼女は、温かくて、優しくて……

(いつまでも抱きしめていたかったけれど)

(でも、これでいいんだ)

柔らかな日差しがまぶしくて、僕は目を細める。

(不思議だ……)

(こんなにも前向きになれたのはいつぶりだろう)

カストル「ありがとう……」

今度はポルックスへ向けた言葉じゃなくて、○○に向けた感謝の言葉を紡ぐ。

(僕と、ポルックスから……君へ)

(強くなるから)

今はこの場にいない彼女へ向けて、僕は約束を結んだ…ー。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>