太陽最終話 頼もしく

森で崖下に落ちたところを、カノトさんに助けられてから数日…-。

今日はカノトさんに誘われて、また九曜の街並みを歩いていた。

美しい瓦屋根と白壁が連なる道に見とれながら、ちょうど大通りに戻ってきたところ……

カノト「〇〇の瞳、輝いてる」

〇〇「え? ……うっとり眺めてしまいました。白い壁がまぶしくて、とても美しかったです」

カノト「〇〇が嬉しいと、僕も嬉しい」

屈託のない、無邪気な笑みを向けられドキドキしてしまう。

カノト「ねえ、そろそろ森、行こう」

〇〇「そうですね。えっと……地図によると……」

広げようとした地図を、さっとカノトさんに取り上げられる。

〇〇「……っ!」

私は驚いて、カノトさんの綺麗な白皙の顔を見つめた。

カノト「手、繋げない」

言うが早いか、カノトさんが私の手を取って、ぎゅっと握り締める。

カノト「さあ、行こう」

満足げな微笑をたたえたカノトさんは、私の手を引いて迷いなく進んでいく。

〇〇「……道は大丈夫なんですか?」

少し不安になってやんわりと聞くと、カノトさんは大きく頷いた。

カノト「うん。大丈夫、もう覚えた」

明るい声で答えるカノトさんは足取りもしっかりと、自信満々で歩いている。

(本当だ……ちゃんと道順は把握してるみたい)

カノト「こっち」

カノトさんは私をリードしながら街を進む。

その頼もしげな足取りが嬉しくて、私は黙ってカノトさんについていった…-。

……

森に着く頃には、橙色の夕陽が木々を紅葉させるかのように差し込んでいた。

カノト「こっち側、通りやすい。木の根がないから」

〇〇「ありがとうございます」

カノトさんが教えてくれる通りに歩くと、足場の悪いところを上手く避けて進むことができる。

カノト「ちょっと待ってて」

カノトさんは私の手を離して先に行くと、邪魔になりそうな大きな石を取り除いてくれた。

それからも木の枝でくもの巣を払ってくれたりと、私が歩きやすいように整えてくれる。

(会ったばかりのころは、後ろをついて歩いてきてたのに、それが今は……)

少しの間の成長ぶりに、私は目を見張った。

(……ちょっとだけ、離された手が寂しいかもしれないな)

そんなことを思っていると…-。

カノト「お待たせ! 大丈夫、行こう」

〇〇「あ…-」

もう一度、私の手をしっかりと握って、自信を持った足取りで前を進んでいく。

(カノトさん……本当に変わったような気がする)

〇〇「頼もしいですね」

カノト「……っ!」

その言葉を聞いたカノトさんが、いきなり足を止めて振り返った。

〇〇「……カノトさん?」

夕陽を映した瞳で私を真っ直ぐ見つめ、ゆっくりと端正な顔を近づけてくる。

心臓が止まりそうになりながら、目をつむると……

〇〇「……っ!」

唇に柔らかい……濡れた感触が落ちる。

〇〇「ん……っ」

カノト「ここもやっぱり柔らかい……」

火照った私の頬を指で撫でながら、カノトさんが囁く。

それは唇のことなのか、それとも頬のことなのか……

カノト「きみと会って、知った。女の人は、男が守る。好きな人なら、なおさら……」

蜜のように甘い吐息が鼓膜をそっと撫でた。

そして角度を変えてまた唇を塞がれて……

〇〇「ん……」

(気が遠くなりそう……)

息苦しくなって肩をすくめた。

すると名残惜しそうにしながらも、ようやくキスが解かれる。

カノト「ようやくわかった。このドキドキは、好きのドキドキ……僕、きみが好き。大好きだから……。 これからは、僕がきみを守る」

唇に吐息がかかる距離から、透き通った宣言が私の胸に届く。

〇〇「ありがとう……カノトさん」

小さく頷き返すと、また甘いキスが落とされる。

わずかの間に急激に男らしくなった彼の腕の中、守られているような心地になって……

私は、そのキスの甘さに身を委ねたのだった…-。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>