太陽最終話 冷めない熱

そして今夜、祭りの本番を迎え…―。

太鼓が鳴り響き、激しいリズムが空気を震わせる。

夜空を焦がすように燃え上がる松明の炎が舞台の左右に置かれ、その真ん中で人々が躍動を繰り返していた。

カノエ「はっ!それそれそれそれそれっ!」

カノエさんの掛け声が、チームの動きをまとめていく。

ついこの前までバラバラの動きをしていたチームの皆は、呼吸のタイミングも同じだ。

(ぎりぎりだったのに、皆の動きが一つになって、まるで生き物みたい……)

光る汗を散らしながら舞い踊るカノエさんの演舞姿が格好よくて、見とれてしまった。

翻る着物の裾の動きも見逃さないくらいに目を奪われていると、あっという間に終盤を迎え……

カノエ「はあっ!!」

ぴたっと時間が止まったかのように皆の動きが揃った。

(やった!完璧だった)

思わず立ち上がって拍手をすると、それに続くように観客もいっせいに立ち上がり拍手を送る。

その拍手喝采は、カノエさん達が十数回のお辞儀を終えても鳴り止まなかった。

カノエ「……」

舞台袖にはける途中、一瞬だけカノエさんの視線が私を射抜いた。

〇〇「……っ!」

見られただけなのに、その場に縫い止められたかのように動けなくなる。

(ドキドキして……)

嬉しさと感動と、そしてカノエさんの視線……

いろんな感情が溢れ、私の胸は苦しいくらいに高鳴っていた。

男の人「今年の演舞は格別ですね」

女の人「本当に、鬼気迫る迫力がありましたね」

(私だけじゃない……)

気づけば、観光客もこの国の人も皆等しく感動のざわめきを起こしていた。

(本当に良かった)

しばし余韻に浸るように席に座っていると、ぽんと肩を叩かれた。

カノエ「○○」

〇〇「カノエさん……!」

いつの間にやって来たのか、まだ頬を紅潮させたカノエさんが立っていた。

カノエ「こっち来いよ」

カノエさんが私の手を引く。

少し汗ばんだ彼の手から、心地よい熱が伝わってきた…―。

……

演舞台から離れた小高い場所へ出ると、ようやくカノエさんが足を止めて振り向く。

カノエ「どうだった?」

〇〇「本当に素敵でした。とてもかっこよかったです!」

頬を上気させながら興奮気味に伝えると……

カノエ「そうか」

不意に、カノエさんの逞しい腕が伸びてきて……

(え……?)

次の瞬間には、まだ熱を発散しているような火照った体に抱きすくめられていた。

カノエ「悪い。熱が冷めてなくて…。 こうしたくて仕方ない」

驚く私を見下ろすカノエさんの顔は切なげで、胸がどきっと跳ねた。

カノエ「……ありがとう。 ○○がいなければ成功しなかった」

〇〇「わ、私はお礼を言われるようなことは…―」

彼の熱い腕の中で、首を小さく横に振るけれど……

カノエ「初めて気づいた……応援してくれるヤツがいるってのは、すごく力になるんだ」

(そう思ってくれてたなんて……嬉しい)

カノエ「それに、皆ともう一度まとまるきっかけをくれたのもお前だった。 何て言っていいか、わからないが……」

情熱を込めるように、抱擁がさらに深くなる。

辺りは静寂に包まれていて、さきほどまでの祭りの喧騒が嘘のように感じた。

そしてそのまま、彼の腕の中でしばらく時間が経った時…―。

カノエ「好きだ」

〇〇「えっ」

突然ストレートに告白されて、目をしばたたかせる。

カノエ「演舞が終わったら言おうと思っていた。 言葉にするのは上手くない方だが……この気持ちは、ちゃんと伝えたい」

カノエさんの瞳は少し熱を帯びたように潤んでいて、微かな揺らぎも見えた。

〇〇「……っ」

カノエ「もう一度言う……好きだ」

そして、肩に手が置かれたと思うと、いきなり顔が近づいてきて、激しく唇を奪われる。

顔をそらすことができないほど強く唇を塞がれ、胸が跳ねあがった。

(えっ……キス……?)

次の瞬間、カノエさんの背中越しに私の瞳が捉えたのは……

夜空にきらきらと広がる大輪の花火だ。

(綺麗……)

〇〇「カノエさん……」

息継ぎの間に名前を呼ぶと、カノエさんが柔らかく微笑む。

カノエ「返事を聞かせてくれるか?……いや……聞かなくてもわかるが」

そう言うと、再び唇が合わせられ、遅れてきた爆発音に押されるようにして、キスはより深くなる。

微かに香るカノエさんの汗の匂いは、私に森での彼の姿を思い出させた。

(いつの間にか私も……好きになっていたんだ)

告白とキスを受け入れるように、ゆっくりと目を閉じる。

いつの間にか新年を迎えたことにも気づかず、私達はただお互いの熱を感じ合っていた…―。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>