太陽SS 最後のレッスン

〇〇を自室でのお茶会に招いた後のこと…―。

(なんで、こんなことに……)

出かかった大きなため息を静かに飲み込んだ。

なぜなら……

〇〇「ん……」

〇〇が、オレの肩に頭をもたせかけて眠り込んでいる。

(どうしろって言うんだ……)

そっと左を見ると、彼女の安らかな寝顔が目に入った。

すべらかな頬、すこし開いた唇、細い首筋…―。

(なんで、こんなことに……)

今度こそ大きくため息を吐いた。

手を伸ばしかけて……その手を、どうにか自分の膝に戻す。

(これ、何かの拷問?)

しばらく動くこともできずそうしていてから、そっと彼女を抱き上げた。

……

〇〇の部屋へ着くと、できるだけそっと彼女をベッドに降ろす。

〇〇「ん……」

布団を鼻の上まで引き上げても、彼女が起きる気配はなかった。

(疲れていたんだな)

(レッスンのスケジュール、かなり無理をさせてしまったから)

そうして部屋を後にしかけた時……

〇〇「はい……もういちど…おねがいします……」

彼女の声がして、ベッドの方を振り向く。

〇〇「がんばり……ます」

(寝言か……)

口元を引き結んでも、笑みがこぼれてしまう。

ジョシュア「よく頑張ったな」

彼女の柔らかな髪をそっと撫でる。

すると彼女は微笑んで…―。

(……このくらいは、許されるはずだ)

オレはゆっくりと彼女のまぶたにキスを落とす。

ジョシュア「……」

気づくことなく眠り続ける彼女を見つめた。

ジョシュア「まあ、いい」

(今日のところは)

メイド「も、申し訳ありません……!」

入ってきたメイドが、オレ達を見て引き返そうとする。

ジョシュア「下がらなくていい。それより、頼まれてくれないか。 彼女が目覚めたら、君がベッドまで運んだと言ってくれ」

そう言って、部屋を後にする。

柄にもなくドキドキと高鳴る胸にそっと手をあてた…―。

……

翌朝…―。

〇〇をパーティ会場までエスコートしようと、オレは彼女を迎えに向かった。

貴婦人1「あら、〇〇様」

〇〇の名前が耳に飛び込んできて、廊下の先を見る。

貴婦人2「本日のお振る舞い、楽しみにしております」

先日〇〇を取り囲んでいた女達の向こうに、彼女の姿があった。

(……なんだ、あの無礼なもの言いは)

貴婦人3「ジョシュア様のお名前を汚すようなことが、ないといいんですけど」

ジョシュア「……」

(これだから、着飾ってプライドばかり高い良家の娘は嫌いだ)

(美しいドレスをまとっていても、少しも美しいと思えない)

〇〇が、言い返しもせずに顔を伏せる。

(それに引き換え、彼女は……)

女達の視線に、ただじっと耐える彼女を見つめる。

その姿は、一輪の花のように清らかだ…―。

(……〇〇、胸を張れ)

(君がオレの名を汚すことなど、あり得ない)

〇〇に歩み寄り、後ろから抱き寄せる。

〇〇「あ……」 

強いて微笑んで見せると、彼女を取り囲んでいた女達の頬が染まる。

ジョシュア「レディのなさることとも思えませんね」

〇〇「ジョシュアさん……」

貴婦人1「ジョシュア様……っ!」

ジョシュア「マナーというのは、相手を思いやる心が基本なのではないですか?」

女達の頬が、サッと青ざめた。

ジョシュア「〇〇のことは、ご心配なく」

(心配するのは、オレだけでいい)

ジョシュア「心映えはあなた方に比ぶべくもありませんし。 何もかも、手取り足取りお教えしましたから。 この私が」

〇〇の首筋をそっと指でなぞる。

彼女が恥じらいに震えるのを感じた。

貴婦人1「……っ」

目に涙を溜めて、女達がその場を去っていく。

〇〇「……ありがとうございました」

抱きしめている手のひらから、彼女の鼓動が伝わってくる。

そっと腕を解くと、ようやく自分の鼓動も速いことに気がついた。

ジョシュア「言い返さなかったのは、大変結構だけど。 また、そんな自信なさそうな顔してる」

(大丈夫、君はよくやっていた)

〇〇「……すみません」

(叱りすぎた? 自信がないのは、そのせいなのかな)

(それなら……最後の仕上げをしようか)

ジョシュア「じゃあ、最後のレッスン」

そう言って、オレはおもむろに彼女の足下に跪く。

〇〇「あの、ジョシュアさん……?」

(よく聞くんだ)

(一度だけ、本心を言うから……)

彼女の瞳を見つめ、その手にそっと触れる。

ジョシュア「……お美しい。誰もが洗練された貴女に心奪われるでしょう」

〇〇「え……?」

ジョシュア「トロイメア王族であっても、そうでなくとも。 君の隣にいることを、誇りに思うよ」

(……これが、オレの本心)

(忘れるなよ。二度と言わないから)

彼女が嬉しそうに頬を染める。

間もなくパーティが始まろうとしていた…―。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>