太陽最終話 甘く、冷たい……

そうして迎えた建国際当日。

(がんばろう)

私は、約束よりも早く部屋を出て、ジョシュアさんのお迎えを待っていた。

貴婦人1「あら、○○様」

待っていたかのように、昨日のお姫様達が私をぐるりと取り囲む。

貴婦人2「本日のお振る舞い、楽しみにしております」

貴婦人3「ジョシュア様のお名前を汚すようなことが、ないといいんですけど」

○○「……」

挑むような目つきに、ひるんでしまいそうになる。

すると……

○○「あ……」

優しくしなやかな腕に、後ろから抱きしめられた。

ジョシュア「レディのなさることとも思えませんね」

○○「ジョシュアさん……」

貴婦人1「ジョシュア様……っ!」

ジョシュアさんは、にっこりと微笑んだようだった。

彼女たちの頬が紅く染まっていく。

ジョシュア「マナーというのは、相手を思いやる心が基本なのではないですか? ○○のことは、ご心配なく。 心映えはあなた方に比ぶるべくもありませんし。 何もかも、手取り足取りお教えしましたから」

そっと私の首筋をなぞりながら、ジョシュアさんは続ける。

ジョシュア「この私が」

貴婦人1「……っ」

お姫様達は、そそくさとその場を去っていった。

ひとつ大きくため息を吐いてから、ジョシュアさんは私を抱く手をほどいた。

○○「……ありがとうございました」

ほてる首筋をおさえて、何とかお礼を言う。

ジョシュア「言い返さなかったのは、大変結構だけど。 また、そんな自信なさそうな顔してる」

○○「……すみません」

ジョシュア「じゃあ、最後のレッスン」

そう言って私の瞳をじっと見つめると、ジョシュアさんはその場に跪いた。

○○「あの、ジョシュアさん……?」

ジョシュア「……お美しい。誰もが洗練された貴女に心奪われるでしょう」

○○「え……?」

彼の慈しむような優しい声に、私の鼓動が大きく揺れる。

ジョシュア「トロイメア王族であっても、そうでなくとも」

ジョシュアさんは、真っ直ぐに私を見つめて……

ジョシュア「君の隣にいることを、誇りに思うよ」

―――――

ジョシュア『それに……君が誇り高く威厳を保てば、人々に誇りを与えることができるんだ』

―――――

そっと手の甲に唇が落とされる。

その唇とジョシュアさんの言葉の温かさが胸に染み入っていった。

扉番「トロイメア王家○○様、ならびにジョシュア王子のご入場」

一週間前の歓迎パーティーと同じように、私は会場に足を踏み入れる。

(大丈夫)

(ジョシュアさんが教えてくれたから)

ジョシュアさんに教えてもらった通りに、胸を張り優雅に微笑む。

紳士「おい、○○姫って、あんな風だったか?」

淑女「一週間前とは別人のようですわね。なんだか、洗練されたというか」

人々のざわめきが耳に入る。

ジョシュア「……どんな気分?」

耳元でささやきかけられて、微笑みをますます深くした。

○○「本当のお姫様になったみたいです」

ジョシュア「はじめから、そのはずだけど」

ジョシュアさんが、呆れたように笑う。

けれどその眼差しはとても優しくて…-。

○○「ジョシュアさんのおかげです。ありがとうございます。 ジョシュアさんがいなかったら、私……」

ジョシュア「じゃあ、オレを選んで。 ずっと隣にいなよ」

○○「え……?」

思わず聞き直すと、ジョシュアさんは、優雅に微笑んだ。

ジョシュア「……ダンスの時間だ」

音楽がはじまり、私は先ほどの言葉の意味を尋ねることができなくなってしまう。

ジョシュア「お手をどうぞ……○○姫」

教えられた通りに、差し出された手をそっと握る。

すると腰元を抱き寄せられて……

耳元に息がふれるほど側に、彼の唇を感じた。

ジョシュア「言っておくけど、さっきのは尋ねた訳じゃない」

○○「さっきの……?」

胸の音がきかれないように、私は何とか言葉を紡ぐ。

ジョシュア「ずっと隣に」

頬に、優しくキスが落とされる……

○○「……!」

ジョシュア「口答えは、許さないから。 お返事は?」

パーティーホールに響く音楽も聞こえないほどに、私の胸が高鳴っていく。

いつもの冷たく厳しいその口調は、私の胸をこの上なく温かいもので満たした。

○○「……はい……」

ダンスホールに響く音楽が、とても遠くから聞こえてくるような気がする。

曲が終わり、柱の影に差しかかった刹那…-。

○○「……っ」

彼は、私の胸元に唇を落とした。

驚いて手で拒もうとすると、手首が掴まれ、やすやすと押さえつけられてしまう。

ジョシュア「……これでよし、と」

見下ろすと、ドレスのリボンで隠れるか隠れないかの位置に、赤い跡がついている。

(これって……)

ジョシュア「印、つけといたから。見えないように、おしとやかにね」

ジョシュアさんの瞳が、イタズラっぽく輝いた。

新しくはじまったワルツの調べとともに、彼は私の側を離れ、隣の女性の前でお辞儀をする。

彼が口づけた胸元が熱を持ち、息をするたびに切なく痛む。

(踊れないよ……)

次に踊る男性の手を取りながら……

私の瞳は、ジョシュアさんを追いかけてばかりいた…-。

<<太陽9話||太陽SS>>