太陽6話 アリスが処刑!?

トランピア衛兵2「女王様の命により、城までご同行願います、王子」

トランピア衛兵1「この者が本物の『アリス』ならば法に基づき処刑せねばなりません!」

◯◯「処刑!?」

ハーツ「そんな……!」

城へ連行された後、一夜明けて……ハーツは自室へと軟禁されていた。

ハーツ「このままじゃ俺のアリスが……。 ……っ!」

唇を噛みしめ、ハーツは拳を机に叩きつける。

ハーツ「そうじゃない、違うんだ! 俺はわかっていたはずなのに! アイツは本当はアリスじゃなくて……! なのに俺の軽率な行動で……」

その時、部屋の外から女王直属の見張りの兵士達の声が聞こえてくる。

トランピア衛兵の声「おい、ちょっと外の様子見てこい。国民が詰めかけてるって話だ」

トランピア衛兵の声「やっぱりあの女、処刑されるのか……?」

衛兵の言葉を聞いたハーツの目の色が変わる。

ハーツ「……っ、アリス!」

ハーツは、物音を立てないように窓の鍵を外すと、外へと身をひるがえした…ー。

<<第5話||太陽7話>>