太陽最終話 お前を守る剣

広々と続く花畑を、橙色の夕陽が染め上げる…-。

おじいさんに連れられて、私達は花誓式が行われるという花畑を訪れていた。

シュニー「えいっ! やあ!」

シュニー君はおじいさんに剣術の手ほどきを受け、真剣に鍛錬を始めた。

(ここに来てから、どれくらい時間が経ったんだろう)

高い場所にあった太陽はいつの間にかほとんど沈み、辺りを橙色に染めている。

(こんなに真剣なシュニー君を見るのって、初めてかも……)

一向に剣を投げ出す様子もなく、シュニー君は懸命に鍛錬を続ける。

おじいさん「まだまだですぞ。騎士は何よりもまず、強くなければ」

シュニー「……もう! わかってるよ!」

むっとして声を上げる元気はありつつも、息は切れ、体も微かにふらついていて……

シュニー君の体力は今にも底を尽きそうだ。

(シュニー君、大丈夫かな……)

〇〇「シュニー君、今日はもう……」

遠慮がちに声をかけるけど、彼はこちらに視線を投げることもなく剣を振り上げる。

シュニー「まだだよ! もう少しやる!」

〇〇「でも、あんまり無理すると…-」

シュニー「大丈夫だから! まだ……格好よくできてないし……!」

〇〇「え……」

シュニー「っ……」

夕焼けに染まった頬が、一段と赤みを増す。

(もしかして、私に見せるために?)

シュニー君の言葉の意味を意識すると、急に胸が熱くなる。

おじいさん「ほっほ、どうやら要らぬ心配だったようですな」

私たちの姿を見て、おじいさんは安堵の声をこぼす。

その顔を見ると、さっきまで瞳にあった厳しさは消え、代わりに穏やかな光が宿っていた。

おじいさん「シュニー様、あなたは騎士に必要な、もっとも大切なものを持っていらっしゃった」

シュニー「え……」

おじいさん「騎士の精神は、人それぞれ……しかし、それ以前に騎士に欠かせないことがあります」

おじいさんの言葉に、シュニー君が目を瞬かせる。

おじいさん「守るべきもののために、自らの身を挺して剣を振るうことができるか……。 言葉でわかっていても、できない者はたくさんいます……。 しかしシュニー様の剣には、一切の迷いがなかった。その心があれば、どこまでも強くなりましょう」

(おじいさんに認められたんだ……!)

私まで嬉しくなって、はっとその顔を見つめる。

だけど、そこにはぽかんと驚いた表情だけが浮かんでいた。

〇〇「……シュニー君、大丈夫?」

シュニー「あ……当たり前だよ! だって僕は、高潔なる雪の一族だからね!」

いつもの威勢を取り戻した姿を見て、私はほっと息を吐く。

おじいさん「ほっほ、では私はそろそろ……」

シュニー「あのさ……ありがとう」

少しだけ照れくさそうに、シュニー君がお礼を言う。

おじいさん「こちらこそ、久しぶりにいい剣を交えられました。 それでは……」

おじいさんは、出会った時よりもさらに清らかな笑みを浮かべて去っていった。

シュニー「疲れた……」

その姿がほとんど見えなくなってから、シュニー君は張り詰めていた緊張が解けたように座り込んだ。

〇〇「お疲れ様でした」

シュニー「本当だよ! ……でもまぁ、やってよかったかもね。たまには体を動かすのも悪くないし」

〇〇「ふふ、また今日みたいに鍛錬をされるシュニー君、私も見たいです」

シュニー「……主人に命令するなんて、いい度胸だね」

〇〇「す、すみません……でも、シュニー君が頑張る姿、これからも応援しますね」

シュニー「そんなの当たり前でしょ。お前はずっと、僕だけを見てること」

シュニー君はそう言うと、私の腕を引いて、自分の隣に座らせる。

そして……

シュニー「それで、僕が疲れたらこうやって休ませて」

肩に頭を乗せ、シュニー君が私を上目に見つめてきた。

甘く揺れる赤い瞳に染められるように、頬が熱を帯びていく…-。

〇〇「……はい」

シュニー「……変なの。〇〇の顔、真っ赤だよ?」

からかうような声色に、胸がドキドキと騒いで落ち着かなくなってしまう。

〇〇「あ、あの……疲れてるなら、もう城に戻りますか?」

誤魔化したくてそう言うけれど、シュニー君はくすりと笑うだけで動かない。

シュニー「駄目」

〇〇「駄目って……」

シュニー「もう少し、ここにいる。 お前とこうしてたい」

(え……)

素直な彼の言葉に、思わず息を呑む。

シュニー「ねえ、僕が強くなったら……ちゃんと褒めてよね」

シュニー君は甘えた声でそうこぼし、私の袖をきゅっと掴んだ。

(シュニー君……)

熱い頬を自覚しながら頷こうとすると、シュニー君が不意に顎を上げて……

〇〇「……っ」

柔らかなキスが唇をかすめて、胸が大きく打ち鳴る。

シュニー「絶対、約束だからね」

悪戯な笑みを唇に乗せたシュニー君に、私は赤い顔で頷くのだった…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>