太陽SS 甘えたい相手

花畑で剣を振るい始めてからしばらく…-。

―――――

おじいさん『しかし先ほどのご様子を見る限り、まだ騎士の精神を語るには及ばぬやもしれませんなぁ』

―――――

にこやかな笑顔で言われた言葉が、もやもやと胸にくすぶる。

(騎士の精神なんて、王子の僕には関係ないことなのに……)

(どうしてこんなに、悔しい気持ちになるんだろう)

おじいさん「おや、もう集中力が切れてしまわれましたか?」

シュニー「っ……そんなわけないだろ! そっちこそ、バテて倒れたりしないでよね」

おじいさんの余裕の笑みに、剣を持つ手に力がこもる。

(こんなとこで、絶対に降参なんかしたくない)

(だって、僕は誇り高きスノウフィリアの王子なんだから)

(それに、今ここには……)

密かに滑らせた視線の先に、〇〇の姿を見つける。

心配そうに眉を寄せる姿に、僕はまた悔しくなって、小さく唇を噛んだ。

(……こんなんじゃ全然駄目だ)

(こんなんじゃ、全然格好よくない!)

シュニー「えいっ! やあ!」

重たい剣を振るうと、体が持っていかれそうになってしまう。

前のめりになる度につま先を踏ん張って、僕は何度も体勢を整えた。

おじいさん「花の騎士は、その剣にすべてを賭けるのです」

(騎士達は、守るべきもののためにすべてを賭けて剣を振るう)

(じゃあ、僕が守るべきものって……?)

そう自分に問いかけた時、胸の奥が燃えるように熱くなるのを感じた。

シュニー「……〇〇」

無意識に自分の口からこぼれた名前に、僕ははっと目を開く。

(最初に頭に浮かぶのは、当然国や兄達のことだと思っていた)

(もちろん僕は王子だし、フロ兄達と一緒にスノウフィリアを守る。だけど……それだけじゃない)

もはや誤魔化すことも否定することもできない、胸を熱くする想い……

(……僕が剣を握るのは、お前を守るため)

(そのために僕は、もっともっと強くなるんだ!)

おじいさん「ほう、その目は…-」

いつの間にか間合いを詰めていたおじいさんが、僕の瞳を覗き込む。

おじいさん「何か、大切なことに気づかれたようですね」

シュニー「……まあね」

(とっくに体は疲れているのに、どんどん熱が生まれてくる……こんな感覚、初めてだ)

(誰かのために自分の限界を超えても戦い続ける……これが騎士の精神なのかも)

熱をすべて発散させるように、僕は剣を振り下ろした…-。

……

疲れ果てて座り込んだ僕に、〇〇が駆け寄ってくる。

その顔を見るとほっとして、なぜか鼻の奥がつんとした。

(……もっと強くなったら、僕がお前の元に駆け寄っていって抱きしめてやれるのかな)

そんなことを考えながらも、僕はつい憎まれ口を叩く。

シュニー「……主人に命令するなんて、いい度胸だね」

〇〇「す、すみません……でも、シュニー君が頑張る姿、これからも応援しますね」

シュニー「そんなの当たり前でしょ。お前はずっと、僕だけを見てること」

(そしたら、僕はこれからももっと強くなれるから)

そんな想いを込めて、〇〇の腕を引いて自分の横に座らせる。

〇〇の香りがふわりと近づいて、つい頬が緩んだ。

シュニー「それで、僕が疲れたらこうやって休ませて」

〇〇の肩に頭を乗せ、驚いたように見開かれた瞳を見つめる。

〇〇「……はい」

照れたみたいに視線を泳がせる〇〇に、いたずら心が浮かんできて……

シュニー「……変なの。〇〇の顔、真っ赤だよ?」

〇〇「あ、あの……疲れてるなら、もう城に戻りますか?」

シュニー「駄目」

〇〇「駄目って……」

シュニー「もう少し、ここにいる。 お前とこうしてたい」

上目遣いでそう言えば、〇〇が小さく息を詰める。

それだけでなんだか無性に嬉しくて、心が温かくなった。

(〇〇といると、なんでこんなに落ち着くのかな)

シュニー「ねえ、僕が強くなったら……ちゃんと褒めてよね」

甘えるようにそう言って、僕は顎を上げ……

〇〇「……っ」

軽くキスをすれば、〇〇が目を瞬かせた。

(……かわいいな)

(やっぱり〇〇には、ずっと僕を応援させなくちゃ)

シュニー「絶対、約束だからね」

赤い顔で頷く〇〇に微笑みかけて……

僕はもう一度、彼女の柔らかな唇を甘く奪ってみせたのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>