太陽SS 醒めない夢

(ほんの気まぐれだったと言ったら、君は怒るだろうか……?)

空が、星を飲みこみ白んでいく…-。

(あぁ、まるで夢の終わりを告げているようだ……)

隠れ家から、わずかな夜間飛行を楽しんで、彼女を送り届ける。

ベランダに降り立ち、彼女を腕の中から手放した。

グウィード「おやすみ……良い夢を、僕の可愛い子猫ちゃん」

冷たい夜気が、腕に残る温もりを奪い去っていく。

グウィード「また、明日の夜に会おう」

〇〇「はい、グウィードさん……」

グウィード「……」

彼女の瞳が、まっすぐに僕を見上げる。

(まるで星のきらめきのようだ)

(そんな瞳で僕を見ないでくれ)

まるで吸い寄せられるように、彼女に顔を近づける。

彼女の吐息が、僕の唇に触れた。

(……いったい、僕は何をやっているんだ)

頭を冷やすように振って、ゆっくりと彼女から離れた。

僕を待つ彼女のまつげが、震えている。

(ごめんね、子猫ちゃん)

音もなくそこから飛び立つと、屋根の上に身を隠した。

(こんなつもりじゃなかった)

(退屈な夜を紛らわすためだけに、気まぐれに君を誘っただけだった)

(なのに……)

こっそりと彼女を上から見つめる。

僕がいないことに気づいて、彼女が辺りを見渡した。

グウィード「そんな所を見ても、僕はいないよ」

僕は彼女に聞こえないように、話しかける。

その声が自然と弾んでいて、自分でも驚いてしまう。

グウィード「早く部屋に入らないと、風邪を引くよ? 子猫ちゃん」

まだ僕を探して、彼女が通りを見つめている。

笑いを押し殺して、そんな彼女を見つめる。

(君と会えば、君を欲してしまう)

(それではいけないと知りながら……)

(もう……ほんのひと時の夢では終われなくなってしまっている)

僕を探すことを諦めたのか、彼女は部屋へと入っていった。

グウィード「おやすみ、子猫ちゃん……」

誰もいなくなったベランダは、まるで花を失ったように寂しく見えた。

(ああ、それはきっと僕の気持ちなんだろうね……)

ベランダから目を離し、白んだ空を見つめる。

グウィード「夢は、夢のままに……」

音を立てないように、僕はそこから飛び立った…-。

薪がはぜて、暖炉の火が揺れた。

僕はハッと意識を戻す。

(もうこんな時間か……)

外から可愛らしい足音が聞こえた。

(来たんだね、子猫ちゃん)

ドアが三回ノックされる。

〇〇「花言葉は……『エレガント』

グウィード「そして『豊かな感受性』、いらっしゃい子猫ちゃん◆」

ドアを開けて、彼女を暖かな室内に招き入れる。

(願わくば、どうかまだ夢を見させてくれ)

(君との、夢を……)

冷たい夜気のせいで、彼女が頬を赤くさせて笑う。

その頬に、僕は優しく手をそえた…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>