太陽SS 星空の下でキス

空気が澄んだ、寒い寒い夜…―。

俺は月明かりの下で〇〇の手を取りながら、凍った湖の上を滑っていた。

グレイシア「この前より全然滑れるようになったな」

〇〇「本当?」

グレイシア「ああ、思ったより器用なんだな……あ」

呼ぼうとして、初めて俺は彼女の名前を知らないことに気が付いた。

〇〇「……?」

(なんか、すっかりこいつのこと知った気になってたけど……)

不思議な気持ちになりながらも、努めて自然に俺は彼女に問いかける。

グレイシア「そういや、名前聞いてなかった。お前なんて言うの?」

〇〇「〇〇です」

グレイシア「〇〇……なかなか、いい響きの名前だな」

彼女の名前を口にするだけで、胸になんとも言えない愛おしさが込み上げ……

俺は柄にもなくつい微笑んでしまう。

(不思議な奴……)

〇〇といると、なぜだか心が穏やかになる。

〇〇「ありがとう、嬉しい。こんな風にスケートをして過ごせるなんて思ってもみなかった」

礼を言った後、〇〇は俺の手を離してひとりで滑り出す。

(なっ……)

グレイシア「調子に乗るなって……っおい!」

〇〇「っ!」

俺の呼びかけも虚しく、彼女は氷面にあった小さな窪みに足を取られ……

グレイシア「危ないっ!」

無我夢中で〇〇へと手を伸ばすと、すぐさま大きな衝撃がやってきて、彼女を庇って下敷きになった俺の体に鈍い痛みが走った。

けれども…―。

(……!!)

想像以上に近くにある〇〇の顔に、体を打ちつけた時以上の衝撃が走り……

鼓動が大きく跳ね上がった瞬間、痛みはどこかに吹き飛んでしまっていた。

〇〇「……っ」

グレイシア「……」

お互い言葉すら失い静まり返る中、高鳴る鼓動だけがやたらと大きく聞こえ、焦りと恥じらいから、思わず視線が泳いでしまう。

すると、その時…―。

グレイシア「……あ」

〇〇「どうしたんですか?」

グレイシア「見てみな、空」

〇〇の肩越しに見える夜空に目を奪われた俺は、彼女の肩を抱くようにして、自分の傍らに横たえる。

〇〇「わぁ……!」

二人で見上げた空には、漆黒のベールを彩るように、幾千もの星が瞬いていた。

グレイシア「……綺麗だな」

〇〇「はい……」

俺は心の赴くままに、〇〇の華奢な指を自らの指で包み込んだ。

(……少し、冷たいな)

(俺のことを探してたから……)

そう思ったのもつかの間、俺の熱が伝わったのか彼女の指は徐々に熱を帯び始め、俺の心も少しずつ温かいもので満たされていった。

〇〇「すごいですね……こんなに綺麗な星空、初めて見ました」

グレイシア「スノウフィリアは空気が澄んでいるからな」

俺達は手を繋いだまま、空で瞬く星々を見つめる。

〇〇「あっ、流れ星……。 本当に、綺麗……」

流れ星を見つけた〇〇は、これまで以上に嬉しそうに星空を見上げ……

俺はそんな彼女から、どうしても目が離せずにいた。

〇〇「ねえ、グレイシアく…―」

俺の方を向いた〇〇と視線がぶつかる。

その瞬間、またも俺の鼓動が大きく跳ね上がった。

―――――

〇〇『私はグレイシア君のお兄さんだから、気になっただけで、私が知りたいのは……その……」』

グレイシア『何だよ?』

〇〇『だから……グ、グレイシア君、です……』

―――――

(俺のことが……知りたいって)

あの時の言葉を思い出すと、心に温かなものが広がっていく。

グレイシア「お前……本当に変な奴だな」

〇〇「え……」

グレイシア「お前は、兄さんじゃなくて俺のこと、知りたいって言ってくれただろ? そんなこと言われたの、初めてなんだ」

俺は手のひらで〇〇の頬を包む。

グレイシア「……教えてやるよ」

〇〇「グレイシア君……」

グレイシア「何で俺が城に戻らずに、ここにいたと思う?」

〇〇「何でですか……?」

(……なんか、いざ言葉にするとなるとすげえ恥ずかしいな)

(けど……)

俺はつい視線を彷徨わせてしまった後、小さく咳払いをする。

グレイシア「……お前が来ると思ったから」

そう短く言った後、俺は〇〇の返事を待つ。

〇〇「……来ちゃいました」

(はっ……なんだよ、それ)

(本当、変な奴……)

恥じらうように顔を伏せる彼女の言葉に、思わず笑みがこぼれてしまった後……

グレイシア「……」

〇〇「あ……」

俺はそっと、〇〇の唇にキスを落としたのだった…―。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>