太陽6話 事件、そのあとで

ミステリアムの国に来て、早々に起こった怪事件は、グレアム君と、グレアム君のお祖父様が、私の歓迎のために仕組んだミステリーツアーだった。

けれど、最後まで上手くいかなかったことに、グレアム君は落ち込んでいるようで……

グレアム「はぁ……最後の最後でしくじるなんて。 もっと綿密な計画と練習の時間を取っていれば……」

〇〇「でも、楽しかったですよ」

グレアム「いや、怖がっていたよね?」

〇〇「本当の事件だと思ってたから、怖かったんですよ……グレアム君の目論見通り? ですよね」

グレアム「……」

〇〇「……あ、そうだ。グレアム君の、書斎が見てみたいです。」

あまりに落ち込むグレアム君をどうにかしようと、私は必死に話を逸らした。

グレアム「書斎……?」

〇〇「はい。お部屋、見てみたいなと思って……駄目ですか?」

グレアム「駄目じゃないよ。見せるほどのものでもないけど……」

小さな声で答えてくれるグレアム君の頬が、心なしか赤い。

〇〇「……あの、グレアム君。なんだか頬が赤い……?」

グレアム「き、気のせいだ。行くぞ」

グレアム君は、さっと顔を逸らすと、すぐに歩き出してしまった…-。

<<第5話||太陽7話>>