太陽SS 新たな問題

問題となった仕事を終えた翌日…-。

事務官1「フォルカー王子!」

事務官2「王子、そのウサギって……」

事務官1「あっ、もしかしてフォルカー王子のウサギですか!?」

通りがかった事務官達が、ルビを見て話しかけてきた。

フォルカー「……」

(見られてしまった……!)

(一体彼らはどう思うだろうか……俺が、ウサギなど)

反応が怖く、思わず俺は顔を手で覆ったが…-。

事務官2「へぇ、可愛いウサギですね。 しかし、あのフォルカー王子がウサギって……何だか親近感が湧いちゃいました」

フォルカー「え……?」

予想だにしなかった明るい反応に、俺は一瞬固まってしまった。

(親近感……)

その言葉を、俺は頭の中でもう一度つぶやいてみる。

(俺に……?)

そんな俺には構わず、ルビについて談笑を続ける事務官達の姿を、ただぼうっと見つめていた。

(しかし、親近感とは……)

(俺がウサギを連れていれば、近寄りやすく話しやすいということか……)

(つまり円滑なコミュニケーションが取れるようになる)

思い悩んでいたことが、意外なほど簡単に解決しそうで、俺は戸惑ってしまう。

(これが……正解だったのか?)

(いや、正解も不正解もないだろう。どちらが、より良いか、だ)

〇〇「ルビくん、じゃあお散歩の続きしましょうか」

事務官達と別れると、彼女は優しくルビを撫でてそう言った。

柔らかな声色に反応するかのように、ルビが飛び跳ねる。

(彼女は、俺にも心を開き、誰彼となく優しく接している)

(俺も多少は……そうなってくべきなのではないだろうか)

彼女の姿を見ていると、その考えに強さが増す。

仕事の忙しさと問題に追いやられて、冷たく当たってしまったというのに……

(それでもお前は……いつでも優しかったな)

フォルカー「……難しく考えて、自分から壁を作ってしまっていたのかもしれないな」

ルビを見る彼女の柔和な眼差しに、ふと言葉がこぼれる。

〇〇「フォルカーさん……」

こちらを見上げた彼女の瞳は、やはり純粋で曇りのないものだった。

(……なんて純粋な瞳なんだ)

〇〇を見ていると、心が羽根のように軽くなる。

フォルカー「〇〇の言う通り、気負う必要もなかったんだろう。 完璧な人間など必要ない。自分を装うことも隠すことも……必要のないことだ」

ひとつひとつ言葉にするたび、くすぶっていたものが吹っ切れていく。

〇〇「はい! その通りだと思います。 私は、フォルカーさんのどんな面も、素敵なフォルカーさんの一部だと思っています」

フォルカー「っ……ありがとう」

彼女の笑顔がまぶしく、あたたかな太陽の日差しに煌めいた。

(お前は本当に……)

フォルカー「〇〇は、俺の良き理解者だ」

彼女のそのまばゆい笑みを逃したくなく、堪らずきつく彼女の手を握り締めた。

〇〇「っ……」

〇〇は、俺と手が重なるとほのかに頬を染める。

恥じらうようにうつむきかけ、おずおずと上目を向ける姿に、いじらしさを覚える。

フォルカー「職場の人間とは、これから何とか上手くやっていくことができそうだ。 今度は……プライベートをもっと充実させたい。ルビだけではなく……。 お前と一緒に時間を過ごしていきたい。付き合って、くれるか?」

(心臓が……飛び出しそうだ……)

(仕事では偉そうにしているのに、情けないことだ)

こんな自分を、〇〇はどう思っているのか……

彼女の答えが待ち遠しく、そして怖かった。

〇〇「はい、もちろんです」

しかしその答えは、驚くほどすぐに返ってきた。

(何……!)

思わず彼女の手を握る手に、きつく力を込めていた。

フォルカー「今度は仕事の仲間達も一緒に、中庭で散歩をしてみようと思う。 これで、仕事一辺倒人間も少しはマシになるかもしれないな」

持て余す興奮を誤魔化すように、俺はそう〇〇に告げた。

すると、彼女は嬉しそうに笑ってくれて…-。

〇〇「ルビくん、じゃあこれからは、中庭でたくさんお散歩が出来るね」

ルビが彼女の言葉に鼻をひくつかせる。

フォルカー「そうだな。またこうして……」

目が合うと、彼女は恥ずかしそうに瞳を伏せる。

その全ての仕草が、俺の鼓動を跳ね上げるように感じられた。

(何故、こんなにも彼女のことが愛しくて堪らないのか……)

フォルカー「あ、やはりルビの散歩は、なるべくはお前と二人で…-」

〇〇「え?」

しゃがみ込んでルビを撫でていた彼女が、無垢な顔で俺を見上げる。

フォルカー「……いや、何でもない」

(……部下達との円滑なコミュニケーションというのはどうにかなりそうだが)

(アプローチ……というものは、どうすればいいのだろうか)

新たに発生した問題に、俺はひとり頭を抱えたのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>