太陽SS この気持ちは……

沈みゆく太陽が、森の木々を茜色に染める…-。

(そろそろやな……)

セラス「そうや」

今思いついたようなふりをして、オレは話を切り出す。

セラス「疲れてるとこ悪いけど、城に戻る前にもう一つ行きたいところがあるんや。ええか?」

〇〇「行きたいところ? 私は大丈夫ですけど……」

セラス「ほな、ちょっと馬車の手配するから待ってて」

(いざ、決行やな)

オレは、数日前のことを思い出す…-。

〇〇を喜ばせるには何をしたらいいのか、オレはミネルヴァに相談をしていた。

―――――

セラス『なあ、ミネルヴァ。〇〇の笑顔が見たい。 どないしたら、〇〇は喜んでくれるやろか?』

ミネルヴァ『……』

黙ったままこちらを見下ろすミネルヴァに、オレは言葉を続ける。

セラス『それに……この国を守ってくれた感謝の気持ちも伝えたいねん』

ミネルヴァ『……』

セラス『あかんわ~、こう見えてオレ女心わからんし。特に好きな女の心はわからん!』

ミネルヴァ『……』

セラス『なあ、ミネルヴァ。何か答えてくれへん?まあ、女心なんか、お前に聞いてもわからんか』

だんまりを決め込むミネルヴァに、オレは痺れを切らしてツッコミを入れる。

すると……

ミネルヴァ『……女は綺麗なものが好きだ』

セラス『なんや、急に!』

ミネルヴァ『オマエがしゃべっている間、ずっと考えていた』

セラス『お、おお……そうやったんか』

(にしても、綺麗なもんか……)

(国も復興中やしなあ)

不意に、あるものが脳裏をよぎり……

(……この国にあるやないか)

口元が思わず緩む。

(これならきっと、〇〇に感謝の気持ちも伝えられる)

セラス『なあ、ミネルヴァ……』

オレは、ミネルヴァに耳打ちをした…-。

―――――

用意した馬車に乗って、オレは〇〇と雪原にやって来た。

(よし、誰もおらん。予定通りや!)

足跡一つない雪原の上を、オレと〇〇は歩いていく。

セラス「今日は、よく見えそうや」

〇〇「見えそうって?」

星空には既に、オーロラが淡く広がっている。

(ミネルヴァ、今日もええ仕事するな)

セラス「今も充分綺麗やけどな。もっと驚くから」

〇〇が、不思議そうにオレを見上げた。

(おおっ、ええ反応やないか)

素直な反応に、一気に気持ちが上がる。

セラス「ミネルヴァはな、一日に一回空にでっかく電粒を放出しとう。 それが、もうすぐなんや」

〇〇「え?」

セラス「空が一番暗くなる時に、一番綺麗なオーロラが現れるん」

真っ白な雪原で、二人きりでオーロラを見たらどうか……

これが、オレとミネルヴァが考えた〇〇を喜ばす方法やった。

セラス「寒いから、くっついとこ」

〇〇の肩を抱き寄せた後、そっと囁いてみる。

(雪原だと、こうしても許されるし)

そう思いながら、彼女の温もりを感じていたその時…-。

セラス「ほら、空からカーテンが降りてきた。 これを見せたかったんや」

空を見上げると、緑色のオーロラが徐々に色を濃くしていき……

光り輝く星空の中で、オーロラは揺らめきながら、青や紫へと色を変えていく。

(ミネルヴァ、最高やで……)

〇〇「綺麗……」

〇〇が、小さな声でつぶやく。

(作戦、大成功やったわ)

ミネルヴァに心の中でありがとうと言いながら、オレは改めて〇〇に向き直る。

セラス「これを見られるのも、アンタのおかげや」

〇〇「え……?」

セラス「この美しい国を守ってくれて、ありがとうな」

素直な気持ちがするすると口をついて出る。

セラス「なんでやろな。アンタといると、優しい気持ちになる。 言えんかった気持ちも言えるようになった。 そんだけアンタは、オレを変えてくれたんやで?」

〇〇を見つめ、その額にキスを落とす。

〇〇「っ……!」

頬に、まぶたに……次々と、彼女にキスを落としていく。

セラス「不思議やな。ずっとこうしてたいって思ってまう」

離れた距離を詰めるように、オレは〇〇の頭を自分の肩にもたれさせた。

セラス「なあ。この気持ちを、なんて言うんかな?」

(これは、〇〇が答えてや)

セラス「アンタとずっと一緒にいたくなる。そういう気持ち」

(なあ、頼むで……)

〇〇「その気持ちは……」

〇〇がオレに体を預け、そっと囁く。

(ああ、なんやろこの気持ち)

(……こんな感情、初めてやわ)

何よりも欲しかったその言葉は、白い息と共にオーロラが揺らめく夜空へと溶けていき……

セラス「オレも……アンタが好きや」

オレは夜空を見上げながら、今まで胸にしまっていた想いを、そっとつぶやいたのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話