太陽最終話 二人きりの夜

その夜…-。

―――――

ディオン『この女性は……俺の想い人だ』

―――――

星を眺めていると、昼間のことが思い出される。

ディオン「こんなところにいたのか」

突然後ろから声を掛けられて、私は思わず息を飲んだ。

ディオン「探した。 その……昼間は済まなかったな。 怖い思いをさせた」

〇〇「いえ……」

ディオンさんがそっと私の瞳を覗き込む。

ディオン「……俺は、王子として生きようと思う」

〇〇「ディオンさん……?」

今まで見たこともないような真剣な眼差しで、ディオンさんは私を見つめる。

ディオン「逃げるのはもうやめだ。それでは俺も、父上も、この国も、何も変わらないとようやくわかった」

〇〇「……」

ディオン「それにな……さっきみたいなこと、もう嫌なんだよ。 お前を失うのは、耐えられないと思った」

〇〇「え……?」

ディオン「まあ、そう言うことだから」

言い終えると、ディオンさんは私の隣に腰かける。

(ち、近い……)

頬が染まっていくのがわかり、私はそっとまつ毛を伏せた。

ディオン「さて、真面目なところを見られたからな。ここからはいつもの俺に戻ろう」

〇〇「えっ?」

ディオン「お前、今が夜だってわかってるのか? 俺と二人でいて、大丈夫だと思ってるのか?」

〇〇「そ、そんな…-」

ゆっくりと近づいてくるディオンさんの顔を、明るい月が照らしている…-。

(これって……)

ーーーーー

〇〇「……あの、ディオンさん…大丈夫ですか?」

ディオン「何が? ……ああ、俺と二人きりになって大丈夫かってこと? ……どうだろうな」

ーーーーー

(あの、ディオンさんだ……!)

そっと私の首の後ろを引き寄せると、ディオンさんは余裕たっぷりに微笑む。

ディオン「大丈夫な訳ないだろ」

〇〇「ディオンさん……」

ゆっくりと唇をディオンさんの指がなぞり、その瞳が私を見据える。

ディオン「お前が俺をこうさせたんだ……責任取れよ」

壁の方へと私を追いつめて、ディオンさんが低い声でささやく。

ディオン「……好きだ」

赤く燃えるような瞳が私をとらえ、その美しさに、そっと息を飲んだ。

ディオン「返事は……?」

〇〇「……っ」

声を出そうとしても、それはもう叶わない。

なぜなら……

(息が、できない……)

ディオンさんの唇が私の吐息を奪い、私はその優しさに身を委ねずにはいられなかったから…-。

(私も、ディオンさんが好き……)

返事の代わりに、そっとディオンさんの肩を抱きかえす。

すると口付けは激しさを増して、息を継ぐことも許されない私は、ゆっくりと意識が遠ざかっていくのを感じた…-。

……

ぼんやりと目を開けると、シャンデリアの輝きが辺りを照らしている。

ディオン「気がついたか」

私はベッドに寝かされていて、ベッドサイドでは、ディオンさんが煙管をふかしている。

〇〇「ここは……」

ディオン「俺の部屋だ」

ディオンさんの言葉に、一気に頭の中の霧が晴れていく。

(そういえば……)

記憶が波のように押し寄せて、私はベッドから飛び起きた。

ディオン「元気なようで何よりだ」

ディオンさんがクスクスと微笑む。

ディオン「悪かった。やりすぎたよ」

〇〇「あ……あの……」

鼓動が痛いほどに速まっていく。

ディオン「でも、謝っても意味ないな。 今夜は……帰さないから」

そう言うと、ディオンさんは私のブラウスのリボンにそっと手をかける。

(どうしよう……っ)

優しくまぶたに口付けられ、その感触に胸を震わせているうちに、いつの間にか、私の肌は露になっていた。

〇〇「や……っ」

両手で胸を隠しても、ディオンさんはそれを許さない。

両手にそっと口付けを落とし、私の力を奪っていく。

ディオン「……綺麗だ」

胸にそっとディオンさんの唇が触れる。

〇〇「あ……っ」

ぴくりと背中を反らせると、ディオンさんはそっとそこに手を添え、私を優しくベッドに押し倒した。

ディオン「愛してる……」

(そんなこと……きっと、たくさんの人に言ってるんだ……)

どうしようもなく嬉しいのに……

ディオンさんの自信に溢れる顔がなんだか少し悔しくて、私は心の中でそんなことを思う。

ディオン「……」

すると、ディオンさんは私の心を読んだように微笑んだ。

ディオン「愛してる……お前だけだ」

私の耳元に囁きかけ、この上なく優しいキスを、唇に落とした。

ディオン「〇〇……愛してる」

私に向けられるその言葉は、どこまでも真っ直ぐで……

〇〇「ディオンさん……」

優しいキスが、全身に降り注ぐ。

(私も大好き……)

ミントの香りの部屋の中……

私は、甘い吐息を響かせていった…-。

おわり。

<<太陽9話||太陽SS>>