太陽最終話 ショコラに酔う夜

ジョシュア「明日は、俺がずっと一緒にいるから。 覚悟しておいてね?」

帰りが遅くなった私を、ジョシュアさんはずっと待ってくれていた。

厳しくも温かな眼差しに、また心が解かれる…ー。

ジョシュア「? その紙袋……」

その時、ジョシュアさんが私の手元をじっと見つめた。

(あっ!)

ジョシュア「……なるほどね」

(見つかっちゃった……)

二つになったショップバックを見て、ジョシュアさんは私の行動を悟ったようだった。

(なんだか、気恥ずかしい……)

ジョシュアさんは柔らかく目を細め、そっと私の頬に触れた。

ジョシュア「少し、頬が赤くなってる。 走って帰ってきたせいかな? それとも、さっきの…ー」

親指の腹で、優しく頬を撫でられ……

○○「……っ」

どうしていいかわからず、ぎゅっとまぶたを閉じる。

すると、ジョシュアさんが私の耳元に唇を寄せた。

ジョシュア「少し、夜風に当たろうか…ー」

……

夜の庭園は人影もなく、ひっそりと静まり返っていた。

私はすこし緊張しながら、ジョシュアさんの隣を歩いて行く。

ジョシュア「本当に、君の行動はわかりやすいというか……」

先に沈黙を破ったのは、呆れ半分のジョシュアさんの声だった。

○○「そ、そうですか……?」

ジョシュア「でも時々……妙にドキッとさせられる。 ……今夜もそうだった」

(それって……)

ジョシュア「そんな可愛い顔をして……。 期待するなっていう方が無理だよ」

ジョシュアさんは、どこか照れくさそうに視線を逸らす。

ジョシュア「……で? オレは君からチョコレートをもらえるのかな」

○○「!」

(全部見透かされているようで、恥ずかしいけど……)

ジョシュアさんに聞かれ、私は素直に頷く。

すると、ジョシュアさんが確かめるように言葉を続けた。

ジョシュア「愛の日の意味は、ちゃんと教えたよね?」

○○「はい……。 ほんの少しの勇気を持って……。 大切な人に想いを伝える日、ですよね」

ジョシュア「うん……。 そうだね」

(ジョシュアさんへ、大切な想いを込めて……)

チョコレートに勇気をもらい、ジョシュアさんの瞳を見つめ返す。

そして…ー。

○○「ジョシュアさんが、好きです……」

小さく声を震わせながら、精いっぱい想いを告げる。

○○「愛の日に、これを渡そうと思って……」

手にしていた紙袋を、ジョシュアさんに差し出した。

ジョシュア「……今、開けてみていいかい?」

○○「はい……」

ジョシュアさんは黙ってそれを受け取ると、丁寧に包みを開いた。

ジョシュア「これは……」

○○「ジョシュアさんの思い出のチョコレートと……。 もう一つは、同じシリーズの新作だそうです」

ジョシュア「……センスのいいチョイスだね」

ジョシュアさんの指が、そっと私の顎先を捕える。

(あっ……)

唇が触れそうなほど近くで、瞳を覗き込まれた。

ジョシュア「ちゃんと、オレの大好きな紅茶と合うチョコレートを選んである」

ジョシュアさんの吐息が唇にかかるたび、胸が甘く震えた。

○○「選ぶのに、時間がかかってしまって……」

照れ隠しに、そう告げると…ー。

一瞬、ジョシュアさんの唇がついばむように重なった。

○○「っ……!」

それだけで、胸の鼓動は痛いほど脈を速まっていく。

ジョシュア「このラッピングも、チョコレートも、全部オレ好みだ。 あとは…… 今夜、ずっと君が傍にいてくれれば」

ジョシュアさんの優しい腕に、体を包み込まれる。

ジョシュア「……全てが完璧だよ」

ジョシュアさんは私のうなじを引き寄せ、自分の胸元へ抱き寄せた。

(ジョシュアさん……)

彼の胸に頬を寄せれば、柔らかな鼓動が伝わってくる…ー。

ゆっくりと顔を上げると、ジョシュアさんと目が合った。

その口元に誘うような甘い笑みが浮かんでいる。

ジョシュア「ありがとう、○○……」

まるで引き寄せられるやうに、二人の唇が重なって……

ジョシュアさんへの溢れる想いも、甘い胸のときめきも……

熱を帯びたジョシュアさんの唇に、全て溶かされていった…ー。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>