太陽最終話 結ばれる二人

そして、とうとう当日…-。

余興を行うパーティ会場は、観客で埋め尽くされていた。

クラウン「〇〇、いよいよだね」

〇〇「はい……こんなにたくさんの人が見に来るなんて」

クラウン「緊張しているかい?」

〇〇「は、はい……ものすごく」

震える私の両手を、クラウンさんが優しく握りしめてくれる。

クラウン「大丈夫、私がずっと傍にいるから、安心して」

〇〇「クラウンさん……」

穏やかに微笑むクラウンさんを見ていると、気持ちが安らいでいく。

そうしているうちに、会場の電気が消え、ついにステージに立つ時がきた。

クラウン「さあ、ステージへ」

〇〇「は、はい……!」

大きく鳴り響く心臓の鼓動……

私は深呼吸をしながら、ステージの中央に用意されている椅子に座った。

(緊張で、足が震える……!)

目を閉じて背もたれに体を預けると、耳元でクラウンさんの声が聞こえてきた。

クラウン「大丈夫……さあ、いくよ」

幕が上がり、会場から大きな歓声と拍手が沸き起こる。

(すごい歓声……目を閉じているけど、お客さんの熱気が伝わってくる)

そして少し切なげな音楽と共に、クラウンさんがステージへとやってきた。

クラウン「ああ、愛しい私の人形よ……どうか私の想いを受け入れて欲しい!」

クラウンさんのパフォーマンスが始まると、会場はさらに大きな拍手と歓声に包まれる。

(すごい……盛り上がってる!)

その時、曲調が変わって…-。

(あ……もうすぐだ)

クラウンさんとのダンスの時が近づいて、鼓動がさらに激しく鳴り響き始めた。

その時…-。

クラウン「大丈夫……愛しい私の…―」

(クラウンさん……?)

囁くようなクラウンさんの声が、私の耳に届いた。

クラウン「さあ、私の合図で目を開けて」

その声が、不思議なほど私の気持ちを落ち着かせてくれる。

大きく息を吸うと、クラウンさんの声が会場に響く。

クラウン「世界一のウェディングドールの完成だ!」

クラウンさんに手を引かれ、私は椅子から立ち上がった。

そして、ダンスが始まり……

クラウンさんの手が私の腰に添えられ、くるりとターンをする。

(すごい、クラウンさんのリードのおかげで、うまく体が動いてる……)

音楽に合わせて私達がダンスを披露すると、観客からわっと歓声が起こる。

(よかった……お客さん、楽しんでくれてるみたい)

心の中で、安堵のため息を吐いた時…-。

〇〇「……!!」

ふわりと体が浮かび、見ると、クラウンさんに抱き上げられていることに気づく。

クラウン「ああ、私はなんて幸せなんだろう……こうして貴女と踊ることができるなんて。 美しい私の最高傑作……貴女の永遠の幸せを希う!」

私を抱く腕に力を込めて、クラウンさんが高らかに声を発する。

〇〇「……っ」

クラウンさんとの顔の距離が近くて、ドキリと心臓が跳ね上がった。

クラウン「この衣装を貴女がまとった時から……私は一つ、願いを秘めた」

〇〇「え?」

(こんな台詞……なかったよね)

クラウン「貴方をウェディングドールではなくて、花嫁にしたい」

(花……嫁って)

耳元で聞こえるその言葉が胸に響いて、頬が急に熱を持っていく。

そんな私を見て、クラウンさんはくすりと悪戯っぽい笑みを浮かべた。

クラウン「でもこの話は筋書き……人形師とウェディングドールは、最後結ばれるんだ」

そっと、まぶたにクラウンさんの唇が落ちてくる。

〇〇「……っ」

クラウンさんは私を抱いたまま、軽やかにステップを踏み続ける。

クラウン「花嫁の貴女と結ばれるのは……この演目が終わってからだね。 早く二人きりになりた」

(クラウン……さん)

クラウンさんの言葉に、胸に確かな幸せが溢れてくる。

視線を絡ませ合って、私達はお互いに微笑み合った。

そして…―。

観客1「かわいらしいウェディングドールね!」

観客2「素晴らしかったわ!」

音楽が終わり、会場中から聞こえる歓声に、ほっと胸を撫で下ろす。

(よかった……本当によかった)

胸に熱いものが込み上げてきて、ふと隣にいるクラウンさんに目を向けると、クラウンさんも優しい眼差しで私を見つめていた。

観客3「ブラボー!!」

彼としっかり手を繋ぎ、観客に向かってお辞儀をする。

割れんばかりの拍手に包まれ、やがてステージの幕が降りた時……

クラウン「さあ……物語の続きを」

首元を引き寄せられ、クラウンさんに唇を奪われた。

クラウン「愛しい私の〇〇……どうか、私の想いを受け入れて欲しい。 永遠に、私の傍に」

〇〇「……はい、クラウンさん」

ぎゅっと彼の腕を握りしめる。

もう一度、柔らかなキスが唇に落とされて……

これから紡いでいく彼との幸せな物語を思い描きながら、私はそっと瞳を閉じた…-。

おわり。

<<太陽5話||月覚醒へ>>