太陽SS 運命の鐘

静かな中庭で、○○さんと水鏡の話をしていた時…―。

(あの人達は……?)

僕らの姿を見つけ、数人の男性が傍へやってきた。

??「お話中失礼いたします。トロイメアの姫君……ですね?」

一人の男性が、○○さんの前で丁寧に挨拶をする。

??
「私はロッド、アフロスの伯爵です。姫君、ぜひ私と水鏡の前に立っていただけませんか?」

(え……?)

伯爵と名乗った彼の言葉に、心臓がどくんと嫌な音を立てる。

○○「えっ?」

突然の申し出を受け、○○さんも驚きを隠せないようだった。

ロッド「私の運命が導かれるとするならば、相手は貴女がいい」

(そんな……)

目の前で○○さんへの想いを告げられ、ひどく胸がざわめいた。

○○「あの……」

あくまで紳士的な態度の男性に、○○さんは断り切れず言葉を濁す。
突然現れた彼が、彼女の心を揺らしているとわかった時…―。

(嫌だ……彼女を誰にも渡したくない……!)

○○「あっ……」

ついに男性は、○○さんの手を引いて歩き始めた。

(○○さん……!)

その瞬間……

フリュー「その手を離してください!」

かっと頭に血が上り、気づけば大きな声を上げていた。

○○「フリューさん……!」

とっさに振り返った○○さんが、驚いたように目を見張る。
けれど、僕は男性をきつく見据えたまま大声で叫んだ。

フリュー
「○○さんは、僕の……大切な人です!」
「あなたの運命の人ではありません!」

考えるより早く、次々と言葉が口をつき、周囲の人々の好奇な視線にも構わず、僕は男性と睨み合った。

フリュー
「○○さんをあなたと行かせるわけにはいきません! その手を離してください」

僕は男性の腕を強く掴み、その場に引き留める。

すると……
男性は○○さんの手を離し、小さく息を吐いた。

フリュー「○○さん」

そっと手のひらを差し出すと、彼女が嬉しそうに握り返してくれる。

ロッド
「これは……失礼いたしました。もう、お心を決められた方がいらっしゃったとは」

男性は残念そうに告げると、その場から静かに去って行った。

フリュー「○○さん、大丈夫……?」

○○「大丈夫……ですが、驚きました」

○○さんと手を繋ぎ、大切な温もりを確かめる。

(彼女を奪われずにすんで、よかった……)

心から安堵すると、自然に笑みがこぼれた。

フリュー「僕も、自分で自分に驚いている……」

二人で目を合わせ、軽く笑い合う。

フリュー
「きみが見ず知らずの男性に連れ去られてしまうと思ったら、自然と声が……」

○○「……でもすごく嬉しかったです。フリューさんが、まさかあんな……」

(○○さん……)

恥ずかしそうにうつむく彼女が、たまらなく愛しくなる。

フリュー「当然だよ、きみは僕の大切な人だから」

ようやく迷いを捨て、彼女への想いをはっきり口にすると……

○○「あ……ありがとうございます」

彼女は頬を赤く染め、恥ずかしそうに視線を逸らした。

(ようやく伝えられた……)

二人で照れてしまい、また小さく笑い合う。

フリュー「じゃあ、僕達も行こう」

○○「え……どこへ?」

(もう、僕は忘れない……)

繋いだ手を握りしめ、○○さんに微笑みかける。

フリュー「運命の相手を映す水鏡のところへ」

すると、彼女は驚いたように目を見張り……

○○「はい……!」

未来への期待に満ちた、幸せな笑顔を見せてくれた。

(僕らは運命で結ばれてると信じてる……)

二人の心をしかと重ね、神殿へ向かって歩き出した…―。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>