太陽最終話 強さ

そして、反乱軍領主を見舞う日がやってきた。

(緊張する……)

張り詰めた空気の中、雷さんと並んで私は領主のお見舞いに連れだっていた。

けれど、領主の部屋に入った途端…。

○○「っ……!?」

雷「……」

すぐに引き抜けるよう刀に手をかけた護衛の男達に、隙間なく周りを囲まれる。

雷「争う気はない」

雷さんが低い声で言いながら、背で私を庇ってくれる。

雷さんは囲まれようとも、微動だにしなかった。

雷「下がらせろ」

反乱軍領主「……」

様子をうかがうように、領主は険しい顔をする。

しかし……

反乱軍領主「……下がれ、話をする」

領主は男達に命じ、包囲は解かれた。

(よかった……)

私達はやっと落ち着いて、領主と向き合い腰をおろした。

雷「薬は飲んだか」

反乱軍領主「……はい」

雷「毒ではなかっただろう」

反乱軍領主「……毒見はさせましたが」

雷「具合はどうだ。動けるほどではあるようだが」

反乱軍領主「それは……みるみると、よくなりました」

雷「そうか、よかった」

反乱軍領主「しかし、なぜ……」

心底わからないといった顔で、領主は雷さんを仰ぎ見る。

雷「お前は父上の腹心だ。よって、死なせるわけにはいかない。 それに、俺もお前には随分と世話になった」

反乱軍領主「またそのような、ゆるいことを……っ!」

領主が、憤りをぶつけるように、畳をこぶしで殴りつける。

反乱軍領主「お優しいだけでは国を治められないと、私はいつも雷様に申しあげてきたはずです……!」

雷「ああ」

それからしばし、沈黙が流れた。

雷「俺は、和平を望む。 これ以上、我が国の者が血を流す姿は見たくない。 例えまたお前に、ぬるいだの甘いだの言われようと、この望みは変わらん」

ゆっくりと、領主はこうべを垂れていった。

そして……

反乱軍領「……和平、を……」

(……!)

反乱軍領主「そのお優しさは……お父上とは違いますが……。 それもまた……国の主としてのひとつの姿なのかもしれませんね……」

雷「それはわからん。 しかし、皆を思うこの信念だけは、決して曲げん」

言うと、雷さんは立ち上がった。

反乱軍領主「雷様。私の処分は、いかに?」

雷「二度目はない。それだけだ。 行くぞ、○○」

○○「は、はい」

去り際に振り返ると、領主は深く頭を下げ続けていた。

見舞いと話し合いを終えた帰り道、私と雷さんは平原を立ち寄った。

優しい風に吹かれる雷さんの横顔は、すっきりと清々しく見える。

○○「本当によかったですね」

雷「ああ……ここまでうまくいくとは、思わなかったがな」

○○「そうなんですか?」

雷「当たり前だ。物事はそう簡単にいくものではない。 しかし……お前がいると、よいことが起こるような気がするのだ。 お前には、願いを叶えてくれる不思議な力があるのかもれない」

その言葉に、思わず頬を染めてしまう。


「……」

すると雷さんが、ふわりと優しく微笑んだ。

そして……

優しく私の頬に、彼の手が触れた。

頬だけでなく、唇にまで触れてしまうくらい大きな手のひら。

(……優しい顔)

雷「これまで、俺は次期国王になるのだからと、父の背を見て必死で頑張ってきた。 優しい心などいらん、と幾度も思い心を鬼のようにしようと、つとめてもみたが……。 ……どうやら俺にはできないようだ」

○○「雷さんは、誰よりも優しい人ですから」

雷「お前がいれば、俺のままでいられるような気がする。 不思議と、許されるような気がするのだ」

○○「雷さん……」

優しく頬を包んでいた手が滑り、撫でられる。

慈しむような優しい瞳……

○○「でもきっと……優しいから、強くなれるんじゃないでしょうか」

不意に浮かんだ言葉を口にすると、雷さんは不思議そうに目を瞬かせた。

そしてまた、優しく微笑んで…-。

雷「では、そう思っていよう。 ○○。これからも俺のそばにいてくれるか?」

○○「え……?」

雷「俺のものになれ、○○」

強く鼓動が脈打つ。

突然の言葉に心臓がうるさくて……

(嬉しい……)

驚きと同様に突き動かされながら、私はゆっくりと笑みを浮かべた。

○○「はい。雷さん」

雷「……いいのだな。俺は、もうお前を離さんぞ?」

雷さんの問いかける甘い言葉に、強く頷いてみせる。

雷「この国も、お前のことも。 大事なものを、俺は必ずこの手で守り抜いてみせよう。 必ず……」

強い近いの言葉と共に、ゆっくりと雷さんの顔が近づいてくる。

優しく唇が重なり合った。

(雷さん……)

優しく甘い口づけはやがて深く、激しくなって……。

私達は長い長い誓いの口づけを、いつまでも交わし合っていたのだった…-。

<<太陽7話||太陽SS>>