太陽最終話 キースの誓い

重圧感のあるシャンデリアが、高い天井から私達を見下ろしている。

豪華絢爛なパーティ会場で、私はしばらく立ち尽くしてしまった。

〇〇「……っ!」

誰かとぶつかりそうになり、よろけた私をキースさんの腕が支える。

キース「……何をしている」

〇〇「ご、ごめんなさい」

差し出されたキースさんの腕に、私は慌てて手を添えた。

キースさんは、私の歩調に合わせゆっくりと進みながらも、うまく人混みの間を縫うように進んでいく。

会場の奥へと歩いていくと、緊張した面持ちの少年達がステージへと上がっていくのが見えた。

〇〇「あれは……」

―――――

少年1「鬼先生、今日はどうもありがとうございました!」

少年2「鬼先生、また指揮してね!」

―――――

(合唱をしていた子ども達……!)

キース「さあ、しっかり見届けてやるか」

キースさんを見上げると、口元を緩めて少年達を見つめている。

すると、少年達はキースさんや私に気づいたようで顔を見合わせて笑い合った。

こちらに向って小さく手を振る少年達を見たキースさんは……

キース「あいつら……舞台に立ったら集中しろと言っているのに」

〇〇「きっと、キースさんの姿が見られて嬉しいんですよ」

ため息をついているキースさんだけれど、その顔はどこか嬉しそうに見えた。

(なんだか微笑ましいな……)

キース「何を笑っている」

すぐに、鋭い視線が私に突き刺さる。

〇〇「い、いえ。なんでもありません」

その時…-。

指揮者が高く腕を上げた。

〇〇「なんだか、どきどきします……」

会場が静まり返り、高鳴る胸をそっと押さえる。

オーケストラの演奏が始まり、少年達はいっせいに口を開いた。

歌声が高らかに、会場に響き渡る。

〇〇「すごい……」

キース「ああ」

〇〇「皆、あんなに一生懸命に……」

私はすっかり、少年達の歌声に魅了されていた。

(会場の人達も皆、耳を澄ませて……すごく嬉しい)

〇〇「……皆、頑張ってたもんね」

彼らの姿に目を奪われていた時…-。

キース「俺がプリンスアワードを獲ったら、お前はどう思う」

〇〇「え?」 

振り向くと、キースさんの真剣な瞳が私を見つめていた。

キース「喜ぶのか?」

〇〇「キースさん……?」

漆黒の瞳に吸い込まれてしまいそうなほど、見つめられた後……

キース「……」

突然、キースさんがその場に跪いた。

〇〇「!?」

キースさんが私の手を取り、優しく口づけを落とす。

〇〇「……!」

彼の唇が触れた箇所が、たちまちに熱を帯び始める。

〇〇「キ、キースさん、あの…―!」

キース「プリンスアワードを獲ったら、お前がどんな顔をするのか見たくなった」

〇〇「キースさん……」

私を見上げる彼の瞳が、美しく煌めいている。

キース「どうでもいいと思っていたが……挑むとしよう」

キースさんが私を見上げ、柔らかく微笑んだ。

胸がいっぱいになり、笑顔がこぼれる。

キース「しっかり見ていろ」

〇〇「はい……」

彼の声が心の奥まで届いて、胸の鼓動がうるさいくらいに響き始める。

(嬉しい……)

溢れる想いを言葉にすることができず、私はただ何度も頷いた。

会場に、少年達の歌声が響き渡る。

その清らかな音色が、キースさんを応援するように、彼に降り注いでいる気がした…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>