太陽SS 優しい香り

アルストリアの夜は美しい。

空には無数の星々が輝き、木々が風を受けてそよぐ。

けれど…―。

(どこへ行った!?)

そんな夜を、今日、俺は星も見上げずに過ごしている。

姿を消した〇〇を探し、城の周りを駆け回っていた。

(この森は……!)

方々を探し回りたどり着いた先は、幼い頃によく遊んでいた森の入り口だった。

アヴィ「まさか、ここに……?」

ここには「あれ」以来、一度も足を踏み入れていない。

進もうとするが、胸に染み付いた悲しい記憶が俺の足を止めた。

(……いや。自分のことなんてどうでもいいだろ)

(今は〇〇のことだ!)

進むことを拒否する足を、無理矢理踏み出そうとした、その時…―。

フラフ「ウウウウウウ!」

森の奥から、フラフのただ事でないうなり声が聞こえた。

アヴィ「!」

気付いた時には駆け出し、森に足を踏み入れていた。

(〇〇! フラフ!)

少し進んだところで見た光景は、恐ろしいものだった。

俺の身長ほどもありそうな大きな狼の群れが、〇〇とフラフを囲んでいる。

〇〇「フラフ……!」

フラフを抱き上げ、逃げようとした〇〇に、狼が襲いかかる。

剣を抜き、彼女の前に立ちふさがった。

狼「キャィン!」

妙に周りが静かだ。

諦めて森の奥へと逃げていくまで、襲ってくる狼達を、次々と剣の峰で薙ぎ払う。

(今度は……守ってみせる!)

最後の一頭が去ると、俺は剣を鞘におさめた。

〇〇「ア、アヴィ……」

力が抜けたのか、〇〇がその場にしゃがみ込む。

アヴィ「……大丈夫か」

〇〇「う、うん」

(よかった……)

鍛錬は欠かしたことがない。

この程度で息が乱れるなど、あり得ない。

しかし……

(こっちは大丈夫じゃない。心臓が止まるかと思った)

(……〇〇を失うかと……)

早鐘を打つ胸を押さえ、彼女を抱きしめようと、手を伸ばそうとした。

〇〇「アヴィ、怪我を!!」

指が触れる寸前、彼女が声を上げる。

見ると、俺の右腕に狼の爪跡が残っていた。

アヴィ「ああ、たいしたことない」

〇〇「でも、血が……」

彼女は、腕に走った引っ掻き傷にハンカチを押し当て、止血しようと結んでくれる。

〇〇「だ、大丈夫? 痛む?」

アヴィ「だから、たいしたことないって」

(それより……)

(お前が無事でよかった)

心配してくれているのか、泣きそうな顔で俺を見つめる彼女の瞳を見ていると、自然と笑みがこぼれた。

〇〇「でも、どうしてここへ?」

彼女が首を傾げる。

フラフがその隣に座った。

アヴィ「……お前を、探してた。謝りたくて部屋に行ったけど、いなかったからな。 昼間は、悪かった……」

〇〇「ううん、そんな。謝るのは、私の方だよ……ごめんなさい」

視線の先で、月に照らされた青紫色の花が、夜風に吹かれて優しく揺れている。

(母さん……ララ……)

悲しい思い出が胸をよぎる……

今、隣にいる〇〇の存在を確かめるように、そっと手を握った。

アヴィ「……とりあえず、城に戻るぞ。夜に出歩くのは危険だ。」

〇〇「うん……」

アヴィ「……」

少しだけ躊躇って、しっぽを振っているフラフを抱き上げる。

それは、初めてのことだった。

アヴィ「……フラフ」

ゆっくりと、名前を呼んでみる。

フラフ「わんっ」

頬を舐められ、そのフワフワの毛並みに顔をうずめた。

フラフは、少し花の香りがして……。

(……ララと同じ香りだ)

兄弟のように育ったフラフの母犬のことを思い出す。

〇〇「フラフ、嬉しいね。アヴィが抱っこしてくれていいねえ」

フラフ「わふっ」

俺の腕の中のフラフが、首を伸ばして〇〇の顔を舐めた。

〇〇「きゃあ!もう、フラフったら!」

アヴィ「……ははっ」

その長閑な光景に、胸につかえていた悲しみが溶けていった。

舐め続けるフラフを引き離し、上着の袖で彼女の頬を拭いてやる。

アヴィ「フラフ、お前、〇〇が好きなのか?」

不満そうにしているフラフに、尋ねてみた。

フラフ「わんっ」

当然とばかりに、フラフが返事をする。

アヴィ「……そうか。気が合うな」

〇〇「えっ!?」

みるみるうちに、〇〇の頬が染まっていく。

通り抜ける風は、青紫色の花の優しい香りがした…―。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>