太陽最終話 太陽の英雄

ーーーーーー
アポロ「民のために戦う。そうすべき時だ」
ーーーーーー

アポロの瞳に宿る炎が、決意に燃え上がる…ー。

城の奪還と、民を守るために、アポロがまず考えたことは…

街の人々で私兵を組み、城へ乗り込むことだった。

アポロ「俺を信じろ。貴様等はただ剣を持ち盾を構え、攻撃体勢に入っているふりをすればいい。 今回組む私兵は、言わばただの、威嚇だ。数を持ってして敵の目をくらます。 戦うのは俺一人で充分だ…体調も、すっかり回復した」

私も無理を言い、私兵の中へまぎれ込んでいる。

ただ待つだけなのは嫌だと言った私に、アポロは最初決して首を縦に振らなかったけど…

(最後には、笑ってくれたよね)

(俺は、強い女が好きだからなって言って…)

街で過ごした数々の思い出が走馬灯のようによみがえる。

そして、今…ー。

アポロ「乗り込むぞ!!!」

私兵「おーーー!!!!!」

私兵「おーーー!!!」

アポロが出陣のかけ声を上げた瞬間に、立ち上る火柱のような炎が彼から昇り立つ。

城を焼き尽くしてしまいそうなその赤は、

けれども城も人も焼くことなく、美しくそこにそびえ立った。

アポロ「○○。決して俺から離れるな!」

○○「はい…!」

ごうごうと燃えさかる炎に守られるように、私達は城の奥へ進んだ。

兵士1「だっ、誰かっ、どうにかしろっ!!」

兵士2「だ…駄目だ!この炎のうえに、敵の数も多いぞ!!」

アポロに守られている街の人達は、炎の間からその姿を敵兵に見せつけているようだった。

アポロ「…上出来だ」

アポロが街の人達と笑い合う。

兵士3「た、助けてくれー!!」

立ち向かう城の兵士達は皆、巨大な炎を前に手も足も出せず右往左往する。

炎が、竜が吐き出す火のごとく暴れ狂い、その場を混乱の渦へと導いた。

(すごい…こんなにすごいなんて…!でも…)

アポロの顔を見上げると、顔色が先ほどよりも悪くなっている。

○○「痛みますか…?」

思わず、そっと彼の胸に手をあてると、大きくて熱い手が重ねられた。

アポロ「大丈夫だ…奥へ進む」

○○「はい…!」

アポロに守られるようにして、向かったその先は、大広間だった。

大広間には、アポロのお父様とお兄様がいた。

国王「…まだそのように力が残っていたとはな」

ダイア「本当に…ここ最近の遠征や、やたらめったら力を使うせいで弱っているかと思ったのにねえ」

アポロ「覚悟はできているのだろうな」

アポロを包む熱い炎が、生き物のように大きく膨れ上がる。

国王「いいのか?お前の心臓の楔を抜けるのは、私だけだ」

アポロ「…」

ダイア「そうそう、お父様がいないと、アポロはいつか力に蝕まれて死んでしまうかも…ー」

ダイア「…っ!?」

アポロが放った、豪炎が二人に襲いかかる。

国王「ア…アポロ…っ!!」

ダイア「お前、家族を…!」

アポロ「民の…この国の未来に害となるものは、すべてこの俺が排除する。 たとえそれが実の父や兄であろうともだ…!」

迷いのない言葉と共に、炎が二人を飲み込んでいく。

アポロ「…っ」

苦しげに胸を抑えるアポロに寄り添うと、彼の手のひらに視線を覆われた。

アポロ「見るな」

○○「…っ」

ただ、炎がごうごうと燃える音が聞こえてくる。

やがて音と共に、場の熱気が収まっていくと…

私兵「ア、アポロ様…」

私兵「アポロ様…万歳!!」

私兵「アポロ様!!!」

私兵達が、アポロに駆け寄ってくる。

アポロは、ふっと力なく微笑み、それから…

○○「アポロ…!」

倒れゆくアポロを支え、その重みに私も一緒に床にくずれる。

○○「しっかりしてください…!」

アポロ「っ…」

必死で呼びかけると、アポロは辛そうな顔で薄く目を開いた。

アポロ「不本意、だ…このように不恰好な王など…」

○○「そんなこと、絶対にありません…」

(家族より…自分の体より、アポロは皆を大事に思って守ろうとしたんだから…)

アポロ「泣くな、○○。それでは俺が死んでしまうようだ」

○○「…はい。この国には、アポロが必要ですから…生きてください」

アポロ「ああ…言われずとも…」

不遜な笑みを弱々しく作った後、アポロはそっと瞳を閉じた…ー。

……

それから数週間後…ー。

この街の人々を救った、英雄であるアポロの凱旋パレードが行われることになった。

けれど…

国民「アポロ様!アポロ様ーっ!!」

国民「○○様ーっ!!!」

街の人々の歓喜の中、凱旋を行ったのはアポロだけではなくて

○○「ど、どうして私も一緒に…」

アポロ「民が望んだことだ。応えねばならんだろう。 それにまあ、丁度良いではないか。婚礼の前祝いともなる」

○○「えっ…!」

驚いてアポロの顔を見上げると、少し意地の悪い笑みを浮かべている。

するりと私の腰に手を回し、ぐっと体を抱き寄せた。

○○「あ、あの…」

(恥ずかしい…!)

アポロ「いちいち動じるな。おどおどするな。フレアルージュの王妃となる者が」

気づくとうつむいてしまっていた顔を拳で顎を持ち上げられ、視線を合わせられる。

アポロ「俺の隣へ立つに、ふさわしい女となれ」

輝く瞳は、以前の猛々しさを残したまま、より強く瞬いた。

跳ねる鼓動を鎮めることができず、上手く言葉がでてこない…

アポロ「…胸の楔が抜けることはこれからもないが。 力を使わずとも、お前と民と、国の未来を作っていけるだろう。 ○○。お前が、俺の唯一の家族となれ。 愛している」

○○「…アポロ…」

アポロ「返事は」

○○「はい…」

私の肩を抱くアポロの手の力が、ぐっと強くなる。

その横顔は清々しく、そして強く美しく…

これからの道を照らす、太陽の輝きのようにまばゆかった…ー。

<<太陽9話||太陽SS>>