太陽最終話 彼の秘密

(やっぱり、ここは素敵……)

お花の香りが心地よく、私は胸いっぱいに空気を吸い込んだ。

アルマリ「本当にごめんね、さっき」

アルマリは、申し訳なさそうにまつ毛を伏せる。

○○「ううん、気にしてないよ」

アルマリ「……兄さんのことも、あまり良く思わない人もいて。 確かに、変わった人だからね」

(アルマリ……悲しそう……)

私は首を振り、アルマリの目を見つめた。

○○「私、トルマリさんに会ってみたい」

アルマリ「○○……」

○○「だって、アルマリのお兄さんなんだから、素敵な人に決まってる」

アルマリ「ありがとう、○○」

彼は嬉しそうに目を細めると、ポケットから何かを取り出した。

(何かな……?)

アルマリ「これ……」

アルマリの手から、淡い蒼い光がこぼれ出していく…-。

(綺麗……)

彼が取り出したのは、式典で見たあの美しい宝石だった。

(あ……)

○○「そういえばなんであの時、この力がなくなっちゃったんだろう?」

アルマリ「それは……」

アルマリの頬が、少し赤みを帯びる。

(どうしたのかな……?)

アルマリ「この宝石が持つ意味……知ってる?」

○○「ううん……知らない」

アルマリが、目を優しく細める。

アルマリ「たくさんの意味を持ってるんだ。勇敢、信頼、そして……“純粋”……」

○○「……純粋?」

アルマリ「そう、僕はそれを失ってしまった……。 だからあの時光らなくなってしまったんだと……思う」

(純粋を……失った?)

(どういうことなのかな……?)

わからずにアルマリの顔を覗き込んでしまう。

アルマリ「……僕ね。 ……○○に恋しちゃったんだ」

(……!)

彼の突然の告白に、驚いて声が出なくなってしまう。

アルマリ「今まで、僕の周りにはトルマリしかいなかったんだ。 トルマリが僕しか見えてなかったように……。 僕も、トルマリしか見えてなかったんだと思う」

彼の真剣な表情に、瞳を逸らせなくなってしまう。

アルマリ「でも君に、初めての気持ちを教えてもらったんだ」

○○「……!」

アルマリ「僕……今、すごくドキドキしてる。 ○○に触れたい、近くにいたいなって思うのに……。 でも……そうすればするほど、胸がぎゅっと苦しくなったんだ……」

○○「アルマリ……」

彼の手の中にある宝石は、途切れることなく、光り続けている。

アルマリ「この気持ちの正体がわからなくて……。 でも、これが恋なんだってわかったときに、この力が戻ったんだ」

宝石がより一層に輝きを増していく。

(恋……?)

アルマリは、私の手に宝石を渡した。

○○「……綺麗な光。これが、アルマリの光なんだね」

アルマリ「……宝石に込められている意味は、他にもあるんだ。 この光は……“幸せ”の光。 僕、○○と出会えて、幸せだ」

次の瞬間、アルマリの美しい蒼い瞳が近づいてくる。

そして、優しくそっと私の頬にキスを落とした…-。

○○「……!」

アルマリ「恋をすると、欲張りになるんだね。……もっと、君に触りたい」

彼は照れたように眉を下げて笑い、私の手を強く握りしめてきた。

アルマリ「僕、もう純粋じゃないんだね……。 君のことは……トルマリには、秘密」

(アルマリ……)

悪戯っぽく微笑むアルマリは、出会ったころの彼とは違っていた。

(でも……)

私はそれに戸惑いつつも、彼の温かな手に、美しい瞳に魅了される。

アルマリ「……触れていい?」

小さく頷くと、彼の手が私の頬に添えられた。

そのままアルマリの顔が近づいてきて…-。

○○「……っ」

触れるだけのキスが、唇に落とされる。

すぐに唇が離れると、アルマリは顔を赤くしながら微笑んだ。

アルマリ「僕と……一緒にいて欲しい」

彼の手のひらが、気持ちを確かめるように私の髪や頬に何度も触れる。

その手が触れられるたびに、私の胸がトクントクンと音を立てる。

(アルマリ……)

こみ上げてくる幸せな気持ちがあふれ出すように、私の手の中の宝石が、柔らかい光をいっぱいに放っていた…-。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>