太陽SS 欲張りな僕

(いい天気だ……)

僕と○○は、並んで寝転がりながら、青空を見上げた。

(自分の気持ちを、ちゃんと言えてよかった……)

―――――

アルマリ『……○○に恋しちゃったんだ』

――――

(初めて抱くこの気持ちを、笑わずに受け止めてくれて……嬉しかった)

僕は、○○の横顔をじっと見つめた。

(長いまつ毛、品のいい唇……誰よりもかわいいと思うのに……)

(それなのに、メイド達は……)

僕は、メイド達の噂話にいまだに腹を立てている。

―――――

メイド『トロイメアの姫君ってどんな方かと楽しみにしてたのに……普通の街娘のようで』

――――

(○○は全然普通じゃない!)

(僕には○○がきらきら輝いて見えるのに……)

僕はまじまじと○○の顔を見てみる。

(もう少し、色の濃いリップをつけてみたらどうだろう?)

(洋服ももっと派手な色にしたら……)

○○「ア、アルマリ?」

○○が、戸惑いながら僕の方を見た。

○○の頬は、ほんの少し赤くなっている。

(触れたい……)

突然、僕はそんな衝動に駆られる。

その衝動のままに、僕は○○の頬にそっと手を伸ばした。

○○「……!」

アルマリ「頬が夕焼けより赤くなってる」

楽器を奏でるように、指を○○の唇へ伝わせる。

○○「……っ!」

アルマリ「唇はもっと濃いリップをつけてもいいと思う」

○○「……ア、アルマリ?」

アルマリ「言ったでしょ? 僕はどんどん欲張りになっちゃってるって」

○○「そ、そうだけど……」

アルマリ「やっぱり、こんな僕はいやだ?」

○○「いや……じゃないけど」

アルマリ「よかった」

(じゃあ……)

僕はさらに○○に体を近づける。

○○は戸惑ったようにまつ毛を伏せた。

(○○が好きだ……)

僕は、○○の体を強く抱きしめる。

アルマリ「○○……」

トルマリとは違う柔らかなその肌に、僕は頬を擦り寄せた…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>