太陽最終話 勝ったあかつきに

順当に勝ち進み、アインツさんはついに決勝戦まで上り詰めた。

(アインツさん……)

決勝の舞台で、アインツさんが剣を構えた。

そんな彼の前に立ちはだかったのは、アインツさんの弟だった。

アインツ「まさかここに来て、オマエがオレのライバルになるとはな!」

アインツの弟「一緒に練習してきたんだし、オレも出てみたくなったんだよね」

アインツ「弟だからって、容赦しないからな!」

アインツの弟「それは、こっちの台詞だよ。 練習中、僕に勝ったことなかったけどね」

アインツ「わかってないな。練習と本番は違うんだよ、弟よ!」

(またやってる……)

応援席からでも二人のやりとりが聞こえて、思わず笑ってしまう。

(二人とも頑張って……!)

(でも……)

(アインツさん、頑張ってください……)

そして試合開始の合図が鳴った。

アインツ「勝負!」

二人の剣がぶつかり合う。

そして…―。

○○「アインツさん!」

弟さんの剣を薙ぎ払い、アインツさんは優勝を手にした…―。

……

競技会が終わり、城に戻るころには、空に星が輝いていた。

○○「改めて、優勝おめでとうございます! アインツさん」

アインツ「ああ! 当然の結果だ!!」

満面の笑みを浮かべた後、アインツさんが嬉しそうに私に話しかけた。

アインツ「○○、約束の件だけど」

○○「約束?」

アインツ「競技が始まる前に、言っただろ」

(競技が始まる前……?)

ーーーーー

アインツ「オレが一番をとったら……」

アナウンス「まもなく第二試合です。競技に出場する方は、開始地点に集まってください」

アインツ「……くれ!」

ーーーーー

(あれのこと……?)

アインツ「オレが一番をとったら、オレの物になってくれって言ったはずだ」

○○「えっ!?」

アインツさんが、私の腰を引き寄せる。

アインツ「○○も応援してくれただろ?」

(そ、そんな事を言ってたなんて……)

○○「ご、ごめんなさい! 実はあの時……よく聞こえなくて……」

アインツ「ええ!? じゃあオレの物になれないってことか!?」

○○「えっと……」

アインツ「じゃあ、改めて言わせてくれ! オレの物になれ! ○○!」

○○「っ……!」

彼の真剣な眼差しに、私の胸がドキドキと音を立てる。

アインツさんが見せてくれた、たくさんの笑顔が頭をよぎる。

(私は……アインツさんの傍でもっとたくさん見たい……)

(アインツさんのいろんな表情を、気持ちを……)

○○「……はい、わかりました」

アインツ「例えオマエが今は断ったとしても、オレは何度でも……え? 今……何て」

○○「え、あの……」

アインツ「はい、って! はいって言ったよな!!」

○○「は……はい」

アインツ「○○……」

ホッとしたようにアインツさんが、私を強く抱きしめた。

彼の胸が早鐘のように鳴っていることが、伝わってくる。

アインツ「驚かすなよ……オレはてっきり」

力の抜けたその声に、思わず笑ってしまった。

○○「……ごめんなさい」

アインツ「いいや、許さない。オマエとキスするまでは……」

彼はそう言うと、私の瞳をじっと見つめる。

そして……

○○「ん……」

ゆっくりと、私の唇にキスを落とした…―。

周囲から、音が失われていく。

私とアインツさんの胸だけが、ドキドキと音を立てていた。

○○「……」

頬が染まっていくことがわかって、彼の顔が離れた後に地面に視線を落とした。

アインツ「これくらいじゃまだ、許さないぞ。 出会った時からずっと、オレの心をかき乱していたのだからな!」

あごが持ち上げられて、じっと瞳が覗き込まれて、再び、アインツさんの顔が近づいてくる。

(アインツさん……)

彼の赤い前髪が、さらりと私のまぶたにかかって……

柔らかな感触に、私はそっと瞳を閉じた…―。

<<太陽5話||太陽SS>>